<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
アベのアガキを読み取れる!

※安倍官邸は真っ青…トランプが対北強硬派の“

ボルトン外し”

2018年6月9日 日刊ゲンダイDIGITAL

 

※詳細は下のアドレスを開いてチョ!

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/230785/1

ボルトン大統領補佐官はヒゲも嫌われていた(C)ロイター拡大する.。

トランプはひげが嫌いだとサ???それを追っかけるアベちんどん!トランプに嫌わ

れているボルトンにアベは、ホワイトハウスで面会したのだとサ???

 

 史上初の米朝首脳会談を目前に、トランプ政権に異変だ。対北朝鮮政策のキーマン

とされてきた国家安全保障担当のボルトン大統領補佐官が“干されている”というの

だ。トランプ大統領が首脳会談の開催を発表した1日の金英哲朝鮮労働党副委員長と

の会談の席にも、ボルトンの姿はなかった。その後も重要な協議から外されていると

いう。シンガポールでの首脳会談にも同行しない可能性がある。

 
この「ボルトン外し」に真っ青になっているのが安倍官邸だ

「ボルトン氏は2001年にブッシュ政権で国務次官に就任した時から、筋金入りの

対北強硬派で知られるタカ派です。安倍総理が北朝鮮への圧力強化を訴えてきたのも

北の体制転覆を唱えてきたボルトン氏に歩調を合わせてのこと。現在、総理は日米首

脳会談のために訪米中ですが、ボルトン氏と北への圧力維持で結束を確認する予定で

した。12日の米朝首脳会談についても、『ボルトン氏が決裂に導いてくれる』と期

待する声まであったくらいです」(官邸関係者)

 

※今、世界の注目はトランプか

 

※トランプがG7を足蹴りにして、逃げだしました。その行く先は金ちゃん小僧

と踊りたいとシンガポールに、遁走しました。その結果、20年以上も続いたG

7の談合会が色あせてしまいました。自由主義を堅持してきたG7の談合会が、

米国一人の我儘勝手な振る舞いをしただけで国際重要会議が、簡単に瓦解の方向

へ進みます。これは、世界革命の始まりの一歩です。これでアメリカが如何に世

界を、牛耳って来たかがよくわかります。第2次世界大戦のあとアメリカは帝国

主義政策を隠し、自由主義経済体制を引きずって参りました。その魔力がようや

く衰えを、見せ始めました。歴史&時代は、スペイン帝国→大英帝国→アメリカ

共和国帝国と、変遷して参りました。これからの世界は、覇権争いが出現して参

ります。覇権を握るのはロシアでなく、中国が虎視眈々とお目メを光らかしてい

ます。中国が覇権を握れるのは、100年〜200年の時間がいります。否々、

中国は覇権を握れない。それは自国に、エネルギー産出ができないからです。そ

れで当分の間、アメリカ共和国&帝国が覇権を握り続けることになります。それ

で島国の日本は、大国に翻弄されながらヨタヨタと生きるしかない。その間、自

主独立国家を目指して国民統治をやりながら、セコイ宰相の本で生きるしかない

ね。それトランプ君&金ちゃん談合を、高見の見物をしておりましょう。アベチ

ンは、毎度蚊帳の外です。オシマイ!

 

※6/10付西日本新聞!

新聞6/10

※トランプ君はドイツの宰相メルケルちゃんと、散歩する不動産やさん。

平和時の革命は人間の殺し合いでなく、我儘勝手な行動であります。

 

 

石破茂&小泉進次郎で総裁選の潮目は変わるか

6/9(土) 7:00配信

 

※この記事は最高に面白いよ。最後まで読んでチョ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180609-00007721-bunshun-pol

 

「私とプーチン大統領は全力を込めて日ロ関係を動かすと決意している。今変えな

で、いつ変えるのか。2人で動かさないで他の誰が動かすのか」

 

※上記の戯言はアベチンの寝言であり、ロシアとの談合は何も進展しなかった。

 


【写真】与党系候補の応援演説に難色を示し出したという小泉進次郎

 5月25日、首相の安倍晋三はサンクトペテルブルクで開かれた国際経済フォ

ーラムの講演で、壇上のプーチンに北方領土問題の解決と平和条約締結を呼びか

けた。
 だがプーチンは、直後の海外通信社との会見で、将来の平和条約締結に言及は

したものの、北方領土問題には踏み込まず、翌26日の通算21回目となる安倍、

プーチン会談でも進展はなかった。

 

米朝首脳会談を間近に控えるトランプ米国大統領 ©文藝春秋

 

拉致問題も心許ない状況が続く

 

 安倍自身もめぼしい成果が得られないことは承知の上だった。側近の首相補佐官・

長谷川栄一が5月上旬にロシア入りし、ロシア側の感触を探ったが「厳しい」と報告

せざるを得なかった。外交筋からも「領土交渉の進展は困難だ」との情報がもたらさ

れていた。とはいえ、領土問題解決は安倍の金看板の一つ。安倍は「なんとか形を作

れるように」と指示。急遽、長谷川は外務審議官・森健良と共に安倍に先立ち訪ロ、

元島民による空路墓参の7月実施、ウニの養殖などを想定した共同経済活動の事業化

に向けた作業を加速させる合意にこぎ着けるのがやっとだった。共同経済活動の前提

となる両国の法的立場を害さない「特別な制度」の協議も、実質的には進んでいない

 安倍外交の最大の旗印である拉致問題も心許ない状況が続く。

 

※5/28のワッチのブログアドレス。ロシア外交の敗北

http://tago39.jugem.jp/?day=20180528

 

安倍首相、日米結束アピール=「拉致」なお道筋描

けず〔深層探訪〕

6/9(土) 8:32配信

 

※詳細は下のアドレスを開いてチョ!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000037-jij-pol

 

 【ワシントン時事】史上初の米朝首脳会談を目前にした7日の日米首脳会談で、安

倍晋三首相はトランプ大統領から米朝会談での拉致問題提起の約束を取り付けた。さ

らに、トランプ氏の融和路線に合わせるように日朝首脳会談に意欲を示し、対話の姿

勢をアピールした。しかし、拉致問題は北朝鮮の姿勢に変化が見えず、米朝会談後の

道筋を描けていない。
 ◇連携に安堵
 「トランプ大統領は世界の中で最も理解している指導者だ。米朝首脳会談で(拉致

問題を)提起することを約束してもらった」。ホワイトハウス前の中庭でトランプ氏

と並んで共同記者会見に臨んだ首相は、満足げにこう語った。
 今月1
日、金正恩朝鮮労働党委員長の最側近の金英哲党副委員長をホワイトハウス

に招いたトランプ氏は「最大限の圧力という言葉は使いたくない」と発言。金副委員

長と人権問題を議論しなかったとも説明し、日本政府内では、トランプ氏が北朝鮮と

の融和に傾き、拉致問題が置き去りになるのではないかとの懸念が出ていた。
 しかし、トランプ氏は今回、首相に米朝会談で拉致問題を取り上げると明言。首相

が拉致被害者家族の切実な思いを改めて説明すると、トランプ氏は首相の目を見据え

て耳を傾けていたという。
 両首脳は、非核化に向けた北朝鮮の具体的行動を引き出すため、圧力を緩めない方

針でも一致。首相同行筋からは「米朝に向けて日米連携を再確認できた良い会談だっ

た」と安堵(あんど)の声が漏れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 06:30 | comments(0) | - |
アベ&トランプの怪談?

米朝会談で朝鮮戦争終結へ合意も、トランプ大統領が

安倍首相と会談

6/8(金) 4:47配信  

 

※詳細は下のアドレスを開いて下さい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00000009-reut-kr

6月7日、トランプ米大統領は安倍晋三首相との首脳会談後の共同記者会見で、12日

の米朝首脳会談で朝鮮戦争を終結させるための合意文書を締結することもあり得るとの

考えを示した。写真は同日、ホワイトハウスで共同記者会見に臨む両首脳(2018年

 ロイター/Kevin Lamarque

 

[7日 ロイター] - トランプ米大統領は7日、安倍晋三首相との首脳会談後、共同

記者会見を行い、12日の米朝首脳会談で朝鮮戦争を終結させるための合意文書を締

結する可能性があるとの考えを示した。
 トランプ氏は「われわれが合意文書にサインする可能性はある」とした上で「これ

が第一歩になることは周知の通りで、おそらく容易な部分と言える。その先に困難な

部分が待ち構えている」と語った。

 日米の通商関係については、改善に向け双方が協力していると表明。安倍首相が新

たな対米投資を約束したと明らかにした。
 トランプ氏は、安倍首相から「軍用機やボーイング<BA.N>
製の航空機、農産

物を含め日本は数十億ドル規模のあらゆる米国製品」を新たに購入しているとの話が

あったとした上で、「多大な貿易不均衡の是正や貿易障壁の撤廃、公正かつ互恵的な

経済関係の達成に向け、われわれは懸命に取り組んでいるところだ」と述べた。
 さらに米国での新工場への投資を日本側に促したところ、安倍首相は「実現する」

と応じたと表明。「われわれはミシガン、ペンシルバニア、オハイオの各州で新たな

自動車工場が欲しい」と語った。
トランプ氏は、米国の対日貿易赤字の縮小には二国間協定の締結が望ましいと強調。

「米国は公正かつ互恵の原則に基づく二国間協定の締結を求めていく」とした。日本

政府は多国間協定が最善との立場を示している。
 安倍首相はこの他、拉致問題を巡り北朝鮮と直接話し合いたいとの意向を示したほ

か、北朝鮮が非核化に向け行動するまで制裁を解除しないことで日米が一致している

と話した。

※アベは北朝鮮へ行って、直接金正恩ちゃんと話し合うという。アベ晋のヒケシ坊を

見ていると、とてもアベ一人で北朝鮮へ行けるような度胸を持っていません。上記の

下から3行目に、拉致問題を話し合うため北朝鮮へ行くという。トランプの前で約

したのだから、近日中に行けるかどうかです。田ご作国民はやぐらを組んで、高見の

見物をしといてよかです。森友・加計学園事件をもみ消す奴に何もできない。

 

※圧力という言葉を使わない!

 

※トランプがもう圧力という言葉を使わないと、アナウンスしました。これは一

見北朝鮮との対話を重視するような言葉ですが、よくよく考えてみるとガッタレ

あべ総理に、直球を投げつけていたのです。その結果、アベちんは圧力という言

葉をつかえなくなりました。これまでアベとボンクラ河野は、最大限の圧力と大

声を張り上げていました。トランプは北朝鮮の核放棄を目指し、自分がノーベル

賞をもらうのを夢見ています。ついでに日本国の拉致被害者救出を行うと、アナ

ウンスしました。これはアベの思惑とトランプの思惑が完全に一致してないこと

を、世界中にさらしています。現在のボンビー北朝鮮はアベに縋りつくより、ト

ランプに縋りついたほうがよっぽど良いと思っています。トランプの思惑は北朝

鮮と友好ムードを作り出し日本に、自国の貿易赤字を解消させるよう圧力をかけ

ています。アメリカ第一主義は日本と中国に圧力をかけて、戦争機器と農業産品

を沢山買えとの脅しであります。日本人が苦しもうがボンビーになろうが、どう

でもいいのです。トランプにアベがべったりついていると又、国民の税金からア

メリカを助けることになります。アベは先にGPIF(年金機構)から、51兆

円もアメリカにお金を提供しています。その結果、田ご作国民の生活が苦しくな

ったのです。それでアベが声高々に云々していたアベノミクスのトリクルダウン

を、今頃全く言わなくなりました。アベが首相になっての政策は、全部大失敗ば

かりです。それが成功していたら下々の田ご作国民は犯罪を犯さないし、幼い幼

児を大人が殺すようなことはしないです。アベの馬鹿タレが森友事件や家計事件

を引き起こすものだから日本国は、取り返しのつかない時代になりました。アベ

のヤローよ!!総理を早くヤメロよ。故に6/9付新聞に、個人消費がマイナス

とのアナウンスをしています。

 

※6/9付西日本新聞!

新聞6/9

新聞6/9

※たった一人のきちがい総理を持つと、その国民は酷い生活になります。

 

 

<日米首脳会談>日朝会談で拉致解決 首相が意欲

6/8(金) 4:58配信

 

共同記者会見に臨む安倍首相(左)とトランプ米大統領=ホワイトハウスで2018年

6月7日、AP

 

【ワシントン小山由宇、高本耕太】安倍晋三首相は7日午後(日本時間8日未明)、

トランプ米大統領とワシントンのホワイトハウスで会談し、共同記者会見に臨んだ。

トランプ氏は12日の米朝首脳会談で拉致問題を提起する考えを表明。安倍首相は、

日朝首脳会談で拉致問題を解決することに意欲を示した。
 会談の冒頭、トランプ氏は米朝首脳会談について「準備はできている」と述べ、

首相は「米朝首脳会談が成功して、核、ミサイル、拉致問題が前進するよう緊密に

連携したい」と応じた。
 記者会見で首相は、「拉致問題の早期解決のため、北朝鮮と直接向き合い、話し

合いたい。あらゆる手段を尽くす」と強調。「最終的には、私と金正恩朝鮮労働党

委員長との間で解決しなければならない」と語り、日朝首脳会談での決着を目指す

考えを示した。
 トランプ氏は、「最大限の圧力という言葉は使う必要がない」と述べる一方、北

朝鮮に対する制裁は「(現状では)解除するつもりはない」と明言した。
 また、トランプ氏は、「日本との貿易不均衡はかなりの額だ」と指摘し、米国の

対日貿易赤字を削減するため日本と協議する意向を示した。

 

 

日米会談後にトランプが暴露してしまった「日米の巨額

取引」

大統領の心はもはやここにあらず…?

歳川 隆雄 ジャーナリスト「インサイドライン」編集長 プロフィール

 

※歳川さんは見事な批評をしています。詳細は下のアドレスを見てください。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56044

 

北朝鮮問題では歩調を合わせた日米だったが…

 

 安倍晋三首相は6月7日午後12時10分(米国東部標準時間・日本時間8日未明1時10

分)から約45分間、ドナルド・トランプ大統領と会談した(日米双方の通訳以外

に河野太郎外相とマイク・ペンス副大統領が同席)。

  安倍首相をホワイトハウスに迎えた際のトランプ大統領のボディランゲージは、昨

2月、同11月、そして今年4月の日米首脳会談時の際立った親愛の情の表現と比

べると、ややぎこちなかった感が否めなかった。

  テ・タテ形式の首脳会談に引き続き、安倍、トランプ両氏は約55分間、日本側から

野外相、西村康稔官房副長官、谷内正太郎国家安全保障局長、杉山晋輔駐米大使、

森健良外務審議官(政務)、山崎和之外務審議官(経済)、柳瀬唯夫経産省経済産業

審議官ら、米側からペンス副大統領、マイク・ポンペオ国務長官、ジョン・ボルトン

大統領補佐官(国家安全保障担当)、ラリー・クドロー大統領補佐官(経済担当)、

エバレット・アイゼンスタット大統領副補佐官(国際経済担当)、マット・ポッティ

ンジャー国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長らを交えてワーキングランチを行

った。

※日本国代表団は米国トランプ陣営に押しまくられてションボリであり。

共同会見の

日米の悪党連がトランプの演説とアベの演説を聞いて苦渋顔と笑顔の差?

悪党長州閥は太平洋戦争で負けて又、長州のアベは米国に外交で負けた!

 

 日米首脳会談では大きく分けて二つのテーマが話し合われた。第一はもちろん、12

日に控えた米朝首脳会談に向けて、北朝鮮問題に関する今後の方針について両首脳が

綿密な擦り合わせを行い、拉致・核・ミサイルといった諸懸案を前進する歴史的な会

談となるよう一致を見ることだった。

 安倍首相にとって、北朝鮮問題に関しては満額回答だったと言っていい。両首脳は

朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的」な非核化に向けて緊密に連携することで合

、さらにトランプ大統領から非核化が進展するまで北朝鮮への制裁を解除すること

ないとの発言を引き出したからだ。

 

トランプ氏が「暴露」した「あるキーワード」

 

 第二のテーマが難題の通商・貿易問題だったが、そこには翌日8日から開催される

主要7ヵ国(G7)シャルルボワ・サミットについても話し合われた。

あらためて言及するまでもなく、11月の中間選挙を前にしたトランプ大統領の最大

の関心事は貿易不均衡是正、すなわち米国の対外貿易赤字解消である。

 日米首脳会談後の共同記者会見でハプニングがあった。会談直後に日本側が発表し

たニュースリリースには次のように記されている。

<安倍総理からトランプ大統領に対し、対日貿易赤字額以上に米国にある日系企業が

輸出を行っていることや、日本企業による米国への投資を通じた米国の雇用への貢献

、防衛装備品や日本企業による米国産エネルギーの購入額の増大等を説明したのに対

し、トランプ大統領から一定の評価が示されました>

 

 

※景気は全然回復しない!

 

※6/9付西日本新聞!

新聞6/9

※アベの馬鹿タレが景気は回復するといって、5年以上も経過しました。

その結果、景気は回復するどころかマイナスになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 06:00 | comments(0) | - |
アベの放送法改正とは?

 

安倍首相大慌て!トランプ心変わりの深刻度

日米首脳会談が「分かれ道」になる可能性

 

 東洋経済オンライン  ダニエル・スナイダー2018/06/07 08:00

 

※詳細は下のアドレスを開いてチョ!

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180607-00224019-toyo-bus_all

© 東洋経済オンライン 4度目となるトランプ大統領との会談に臨む安倍首相の

胸中は?(写真:Toru

 

 安倍晋三首相が米国に向かっている。2016年11月にドナルド・トランプが

大統領選に勝って以来、4回目の米国訪問である。夥しい数に上る電話での会話

も数えると、両首脳間の接触のレベルは日米関係史においても前例のないものと

なる。

 たが、これまでのすべての米国訪問とは異なり、6月7日に首都ワシントンで予

定されている安倍・トランプ会談をめぐっては、わらにもすがる思いといった空

気が感じられる。安倍首相は、トランプ大統領が北朝鮮の指導者、金正恩朝鮮労

働党委員長との首脳会談を決断したことに明らかに危機感を募らせ、4月にフロ

リダに駆けつけた。

 そして首相は、北朝鮮の完全な非核化という目標の実現に取り組み、いわゆる「最

大限の圧力キャンペーン」と呼ばれる北朝鮮の経済制裁を固守するという新たな誓約

をトランプ大統領から取り付けることに成功した。

 

「こんなにすぐワシントンに来るのは博打」

 

 トランプ大統領が612日の首脳会談を突然キャンセルした際には、日本の政

府当局者の間には祝賀ムードが漂った。だが、ここにきて米朝首脳会議の予定が

「復活」し、トランプ大統領は[完全で検証可能かつ不可逆的な核廃棄 ]「CVI

D」に早急に向かわせるという合意目標を公式に取り下げた。「最大限の圧力」

の話は驚くほどの速さで放棄された。そのうえ、トランプ政権は日本や欧州との

貿易摩擦をエスカレートさせ、結果によっては日本車の対米輸出に巨額の関税を

課すことにつながりかねない調査も始めている。

 

※カッコよくアメリカに行ったが?

 

※トランプが大統領に当選した時、アベは即トランプ君に、面会にいきました。

その時、菅が云々したのはトランプ君と個人的付き合いを、重視するためだとい

いました。アベもそのような、アナウンスをしていました。それまでクリントン

のかァ〜ちゃんを、応援していました。選挙中にアメリカへ行ってクリントンに

面会し、トランプ君に面会しませんでした。環境条件がこのように変化しました

ので、トランプがあちらを向くのは火を見るより明らかです。トランプは北朝鮮

と国交を回復する為、北朝鮮に何度もCIAを潜らせて調査しています。表面的

に芝居のケンカをして見せながら、裏面ではCIAや国務長官級の先兵を潜らせ

ていました。まさしく北朝鮮との外交を図る為に、色々なことを画策していまし

た。それアメリカの軍事力が世界一だと云々する前に、アメリカの外交戦略と国

内統治戦略はオミゴトであります。孫子呉子の兵法から、マハンやクラウゼビッ

ツの戦争論を熟知しています。それに比して日本国の外務省や総務省と特捜は、

アベのごときに牛耳られ何も出来ない輩と化しています。故に今回アベがアメリ

カに行って、トランプ君と仲良しと云々してもトランプは次のように申します。

北朝鮮の経済回復のために、日本は2〜30兆円用意せよ。それができなければ

輸入品に、25%の関税をかけると凄みます。今度アメリカから帰ってきた時、

アベの言葉と顔色を見つめて下さい。それ答えをごまかして、発表します。先に

ロシアに行って何もコメントができなかったのは、プーチンから北方領土の活性

化の為にお前は、¥6000億円つぎ込むといった。それを早急に実施せよと、

凄まれました。故にロシアから帰ってきた時、ステートメントを出せなかった。

森友事件と加計学園事件を誤魔化してばかりだから、トランプ大統領の官僚たち

にその愚劣さを、見透かされていました。外交とは、武器を使わない戦争であり

ます。アベは憲法を改悪し、鉄砲を撃つのが戦争と思っています。

 

トランプ氏、米朝会談で拉致問題言及を約束 正恩氏

を米に招待も

 

※8日何とかトランプと共同発表ができ、体面を保つことができたアベ晋だ!

トランプも芸人です。北朝鮮への支援金を日本が出せと凄みました。それで

アベポチ君は、大変であります。

 

6/8(金) 4:19配信

ホワイトハウスで共同記者会見を開くドナルド・トランプ米大統領と安倍晋三首相

(2018年6月7日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

 

【AFP=時事】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は7日、ホ

ワイトハウス(White House)で安倍晋三(Shinzo Abe)首相と会談した後の共

同記者会見で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党

委員長との首脳会談で日本人拉致問題に言及することを約束した。

【写真】会談したトランプ氏と安倍首相

 トランプ大統領はまた、12日にシンガポールで開催される米朝首脳会談が順調

にいけば、金委員長を米国に招くことも検討すると表明。将来的な北朝鮮との関

係正常化を期待しているとも述べ、金委員長からの親書については「温かい」内

容だったと説明した。
 一方の安倍首相は、拉致問題の迅速な解決に向けて「北朝鮮と直接向き合い、

話し合いたい」と述べ、同国との直接対話や国交正常化に前向きな姿勢を表明。

北東アジア地域での真の平和を追求するという日本の政策に変わりはなく、北朝

鮮が正しい方向に進むことに前向きであれば、同国には明るい未来が訪れるだろ

うと述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

 

 

放送法4条撤廃見送り=規制改革会議が答申

6/4(月) 10:47配信  

※太田ひろ子ちゃんからも放送法改悪で、反発を食らいました。

 

※詳細は下のアドレスを開いてください

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000021-jij-pol

政府の規制改革推進会議は4日、首相官邸で会合を開き、放送制度改革を柱とする答申を安

倍晋三首相に提出。放送番組の海外展開を促進する方針を打ち出す一方、番組の政治的公平性

を定めた放送法4条の撤廃は見送った

 

 政府の規制改革推進会議(議長・大田弘子政策研究大学院大教授)は4日、首相官

邸で会合を開き、放送制度改革を柱とする答申を安倍晋三首相に提出した。

議論の抜本的修正訴え=放送改革で見解−新聞協会

 放送番組(コンテンツ)の海外展開を促進する方針を打ち出す一方、番組の政治的

公平性を定めた放送法4条の撤廃は見送った。
 首相は会合で、放送制度改革に関し、「通信と放送の枠を超えたビジネスモデルの

構築など多くの具体的な提言をいただいた。引き続き、総務省を中心に未来を見据え

た放送のあるべき姿について、総合的に検討を進めてもらいたい」と述べた。

 

※この放送法改正も読売のナベツネが、クレームをつけてオシマイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 07:40 | comments(0) | - |
無責任なアベが米国へ逃げた!

立憲・枝野代表「モラル崩壊政権を倒す」

朝日新聞デジタル  2018/06/05 22:39

 

※詳細は下のアドレスを開いてチョ!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000090-asahi-pol

 

■枝野幸男・立憲民主党代表(発言録)

© 朝日新聞 枝野幸男氏

 

  (森友学園をめぐる公文書改ざん問題で)大阪地検特捜部が誰一人起訴しなかった。

今日、東京の特捜部が、民間企業のデータの改ざんについて強制捜査に入った。

官尊民卑なのか。何のためにわざわざ特捜部が設けられているのか。大阪地検特捜

部は解散していただいた方がいい。

 改ざん問題をめぐる財務省の調査報告書は読んでいるだけで、いやになる。大事

なところは抜けてるわ、子供でもだまされないようなむちゃくちゃな中身になって

いる。それ以上に深刻なのは、まさに権力の中枢が、色んなことが明々白々バレバ

レになっていても、とにかく知らぬ存ぜぬ。開き直ればまかり通ることを続けてい

たら、社会全体のモラルが崩壊する。安倍晋三首相が言ってきた「美しい国」とい

うのは、モラルなき社会を作ろうということなのか。こうしたモラル崩壊政権を倒

すために、力を発揮していこう。(党会合で)

 

※トランプ君からアベは頭をナデナデか?

 

※枝野が全力でアベにたて突いても、自民党300議席のアベ独断場にかないま

せん。現在アベのやりたい放題の政治が、アベ自民党の姿です。それでどうにも

ならなくなって、アメリカのトランちゃんの所へ避暑に行きました。トランプの

ところに行っても、足蹴りにされてトボトボと帰ってきます。訪米の理由は北朝

鮮に圧力をかけてと云々に行くのですが、トランプ君は北朝鮮から核武装を取り

除き、ノーベル賞を貰うのを念頭に置いています。アベのセコイ考えに、ハイそ

うしますとは言わない。日本人拉致問題はアベが中国へ行き習ちゃんに凄んで、

北朝鮮の金正恩から日本人を返すように言ってくれと、言った方がよりベターな

のです。アベは中国と経済協力しないと、日本経済が可笑しくなるのを認識して

いながら、中国を敵視した考えです。それ拉致被害者救出にぼんくらアベでは、

どうにも進捗しない。今回アメリカのトランプちゃんに手土産を持参しても、頭

を撫でられるぐらいがオチです。それよりかトランプちゃんから北朝鮮支援の為

に、¥10兆円〜20兆円を用意しとけと言われます。それは日本国民にアナウ

ンスできないから、トランプ君と大の仲良しでありますとコメントします。そし

て拉致被害者が帰ってくるようなニュアンスを云々するのがオチです。この程度

のアベ宰相でございます。ナム〜・・・どころでないよね。

 

減額幅の提示拒否 安倍自民“年金カット法”で老人

いじめ

2016年10月15日 日刊ゲンダイDIGITAL

 

※詳細は下のアドレスを開いてチョ!

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191815

齢者の生活は厳しくなるばかり(C)日刊ゲンダイ拡大する

 

※年金盗賊のアベ!

 

※アベはGPIFの年金機構から資金を取り出し、円安誘導と株高を目論見まし

た。その手先が、日銀のクロダであります。あまりにも年金機構から沢山の資金

を取りすぎたので、老人の生活費である年金を平気で減額するといっています。

アベはタワケモノであります。下記をよくよく読んでチョ!

 

 安倍政権はどうしてもお年寄りへの年金給付額を削りたいようだ。今国会の紛糾の

種になりつつある「年金カット法案」。成立してしまうと、最悪、物価が上昇しても

“強制減額”されてしまう。老人いじめのトンデモナイ悪法なのだが、政府・与党は

予想される減額幅が示されないまま、審議を強行しようとしているのだ。
 カット法案を徹底批判する民進党は、法案が成立した場合の減額幅の試算を公表す

るよう政府に求めているが、所管の厚労省は「将来の経済状況によるので試算はでき

ない」と拒否し続けている。年金がいくら削られるかハッキリしないのなら、審議を

始めても議論は深まらない。厳しい生活を送る高齢者にとって、減額幅は最大の不安

の種でもある。
 「過去10年間の経済状況に当てはめれば、どれくらいの影響が出るかはある程度

予測できるはずです。民進党の独自の試算では、10年前にこの法案が成立していた

場合、現在の給付額が10年間で5.2%減る可能性がある。金額ベースだと、国民

年金は年間4万円、厚生年金は年間約14万円も減少する計算です。自民党議員にも

独自の試算を出すように記した要望書を手渡したのですが、返答は一切ありませんで

した」(民進党国対関係者)

 

※これはビュックニュースでなくビックリニュースだ!

                     2018年06月06日 07 政治

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
最高検・高検が、人事権と法務・検察予算を握る安倍晋三

政権に忖度して「不起訴処分」したとの疑念、「法秩序を

歪める」と国民批判高まる

◆〔特別情報1〕
 「一難去ってまた一難」今度は、安倍晋三首相の妻・昭恵夫人が、大阪地

裁に証人として喚問される可能性が大となってきた。「財務省のノンキャリ

ア官僚2人が自殺」した森友学園問題で、神戸学院大の上脇博之教授は6月

5日、公文書変造などの容疑で告発した財務省の佐川宣寿前理財局長(前国

税庁長官)らを不起訴にした大阪地検の処分を不服として、大阪の検察審査

会に審査を申し立てた。また大阪の弁護士らのグループも同日、背任容疑で

告発した国有地売却時の財務省幹部らの不起訴を不服として審査を申し立て

た。起訴を相当と認める時は「起訴を相当とする議決」(起訴相当)がなさ

れた場合、裁判所によって指定された弁護士が検察官の職務を行う指定弁護

士として公判を担当することになる(検察審査会法41条の9、41条の10)。

大阪地検特捜部(山本真千子・特捜部長)は、「起訴する」方針だったが、最高

検・高検が、人事権と法務省・検察庁予算を握る安倍晋三政権に忖度して「不起

訴処分」を決めたと言われており、「法秩序を歪める」との国民批判が高まって

いる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 09:40 | comments(0) | - |
アベ最大の悪事!

森友文書改竄 霞が関の信頼失墜 財務省「解体論」

も浮上

6/4(月) 22:01配信 

 

※詳細は下のアドレスを開いてください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000569-san-bus_all

 財務省の森友学園に関する調査報告を受け会見する麻生太郎副総理兼財務相=4日午後、

東京・霞ヶ関の財務省(斎藤良雄撮影)

 学校法人「森友学園」をめぐる決裁文書の改(かい)竄(ざん)は、中央省庁の

“代表選手”財務省が起こした問題だけに霞が関全体の信頼が失墜しかねない。同

省は財政健全化計画の遂行や消費税増税といった重要課題に取り組んでいるが、生

半可な改革では国民からの信頼を取り戻すことは不可能。国税庁を本省から切り離

す「解体論」すら浮上し始めた。
 「財務省と行政全体の信頼を損なった。二度とこうしたことが起こらないよう大

臣としての職責を全うする」。麻生太郎財務相は4日の記者会見で、こう述べた。
 予算配分権と徴税権を握る財務省は「最強官庁」として行政機関の代表のように

みられてきた。その代表が国会答弁とつじつまを合わせるため公文書の改竄や廃棄

を行ったことで、「『役所もウソをつく』という意識を国民に植え付けた。罪は重

い」(経済官庁関係者)との批判は強い。
 また、財務省は今回の改竄や廃棄が「当時の理財局(だけ)で行われた」(麻生

財務相)と結論づけた。こうなると問題になるのは財務省の内部統制のあり方だ。

理財局という一部局の独断による重大な不祥事を許したことになり、組織運営の甘

さへの批判が強まるのは必至だ。

 

※責任を取らないアソーとアベ!

 

※日本を動かすトップ2人が自ら行った悪事を官僚に擦り付けて、自ら一切責任

を取らないようにしてしまいました。これは、最高責任者のアベのなせるワザで

あります。そのヾ盈修凌融権を一切内閣に盗ってしまった事。⊆民党を自ら

の支配下に置いた事。司法法務省の人事権をスベテ握って、アベ一辺倒にして

しまった事。大方この3点で、アベは無罪放免となりました。現在のところ無罪

放免になっても、歴史をねつ造すると必ず歴史によって、処断されます。それは

歴史は公平で、普遍性を永遠に求めているからです。現在、アベは森友・加計事

などから逃げる事ができても、田ご作国民の目と歴史学の観点から逃れること

はできません。アベの悪事をアベのシンパも知っているし、中立の人々もそれを

知っているけど、自らの力でどうにもならないとあきらめています。東京の人々

はアベの悪事を許さないと言い、国会前や新宿でデモと抗議集会をやりますが、

大概の国民はそれを新聞やテレビで見ているだけです。ま〜この程度が、田ご作

日本国民の民度であります。大概の国民は、この程度だからよか時代を生きてい

ることになります。嗚呼・・・ナムアミダブツのブツブツなり。

 

※6/5付西日本新聞!

新聞6/5

新聞6/5

※このような悪事が日本国をまかり通るなら、アベの政治は3級品です。

※6/4朝日新聞デジタル記事から無断転載!

https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180604001452.html

※詳細は上のアドレスを開いてチョ!

 

相次ぐ隠蔽、捏造、改ざん 政治を誤解した政権の

末路

4/14(土) 7:01配信 有料  

 

※詳細は下のアドレスを開いてチョ!

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180414-00017914-stoyos-bus_all

4月9日の参議院決算委員会で、イラク日報問題について陳謝する安倍晋三首相(時事)

 

 <2018年4月21日号> このところ財務省、防衛省、厚労省などの官庁で文書

やデータの隠蔽、捏造、改ざんが相次いでいる。契約書の文言をこっそり書き換

えるとか、あるはずの文書を隠して廃棄したと言い張るとかいったことが起これ

ば、われわれの社会経済生活は成立しない。
 米国は横田基地へのオスプレイ配備を決定した。この件について、4月4日の

議院外務委員会で河野太郎外相が「3月16日に在日米軍司令部から接受国の

通報があったが、米側から、調整が整うまでの間は公表を控えるよう要請された

のを踏まえ、4月3日の公表となった」と説明した。外務省はどこを向いて仕事

をしているのだろう。全体的に、日本の政治と行政にはインフォームドコンセン

トという理念が不在だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 07:55 | comments(0) | - |

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment