<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< さざ波便り436号前編ハートドリブン | Main | アベ珍の桜を見る会の人数は偽り! >>
バカを宰相にすると国民が苦しむ!

※11/14付西日本新聞!

新聞

新聞

※世論を恐れて来年は中止だとサ!

 

 

※桜を見る会を中止とは!

 

※アベ珍は、国家予算を私物化し使い込んでいます。アイツが辞めた後の借金は

莫大で、あることが見えています。明治の初期に武士から商人になった、長州藩

の山城屋というのがおりました。山城屋と山縣有朋が共謀して、国家予算を無茶

苦茶の使い込みました。明治の初に日本国が開国したので、ヨーロッパ商品が湯

水のごとく日本に溢れました。それで山城屋は国家予算を使ってヨーロッパへ出

かけて銃器など、大判振る舞いに買い込みました。それで司法卿の江藤新平は、

国家予算をデタラメに使っていることが分かり、警察権力で山城屋と井上馨を逮

捕するところまで来ました。山縣有朋と井上薫は山城屋を誑かし、自らも大判振

る舞いの豪遊をしていました。その証拠を握った江藤新平が警察に逮捕して、調

べるようにしました。それで山縣が山城にこれまでに公金を使い込みしたのを返

還せよと、山城屋へ迫りました。山城屋は返済する金がないので、陸軍大臣の山

縣の部屋で割腹自殺を行いました。これで山縣は明治政府から攻められるように

なって、大臣をやめる羽目になりました。山縣が公金使い込みの共犯にならない

ように、西郷隆盛が山縣を許しています。それは陸軍大臣を辞職するだけで、無

罪放免となりました。長州藩は明治開闢から公金をネコババすることが、伝統に

なっています。薩摩藩の軍人は、公金をネコババする人はいませんでした。井上

馨が現在も長州人に、賄賂の王様と言われる所以が此処にあります。

 

※あれから150年過ぎ去っても長州藩の人々は、国家予算を平気で使い込むク

セがついています。アベ珍は長州藩の末裔ですから、公金を私物化して使うのは

屁のカッパです。長州から早く総理大臣を取り戻さないと、公金を大判振る舞い

に使い込んで、国民が分からないように処理してしまいます。明治時代から長州

の人々はネコババし、公金を使い込むのに慣れています。そして11/14の新

聞一面に、桜を見る会を来年春は中止とアベ珍が放言しました。これで日本政治

は無茶苦茶となり、第3等国に成り下がりました。そしてアベ珍は黒田日銀と結

託し、株価操作をしています。アベが総理大臣を辞めた時、株価が大暴落して日

本国も世界も大不況の中に、投げ込まれます。株価が国内産業が何もない時に、

乱高下を毎度繰り返します。この株価の乱高下が、日本国不況の源になります。

 

野党、「桜を見る会」招待者名簿の廃棄に反発 

内閣府は釈明「保存は1年未満

毎日新聞3421

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、内閣府がまとめた招待者名簿が会の直

後に廃棄されたことへの反発を、野党が強めている。 内閣府は「保存期間

1年未満の文書だった」とするが、総務省などは同様の文書を「保存期間10年未

満」として扱っていると説明。野党は、安倍晋三首相の後援会関係者が多数参加

した「公私混同疑惑」と位置づけて追及しつつ、森友・加計問題などで指摘され

た公文書管理のあり方も問う構えだ。       【野間口陽、東久保逸夫】

…続きを読む

ココがポイント     

文書の保存期間が内閣府のみ他省庁よりも短いことが繰り

返し問われた

出典:TBS系(JNN) 11/12(火)

11/12(火) 13:16配信  北海道新聞

 

桜を見る会の費用と参加費の推移

地元山口県の後援者ら多数参加

 11日に徹底追及に向けた合同チームを設置した 安倍晋三首相が公費を使って毎年

主催している「桜を見る会」の運営が不透明だとして、野党が「私物化」と批判

している。招待範囲が「各界の功績者・功労者」とされるにもかかわらず、首相

の地元山口県をはじめ閣僚や自民党幹部の支援者らが多数参加し、後援会活動へ

の利用が疑われるためだ。開催費や参加者数も膨らんでおり、野党は。

今年の「桜を見る会」で招待客と握手を交わす安倍首相

(中央)=4月13日、新宿御苑
 野党が問題視するのは、招待基準を骨抜きにし、地元関係者を招いている可能

性がある点だ。開催要領では招待範囲は皇族、各国大使、各界の代表者等とされ

内閣府は「各省庁から幅広く推薦され、内閣府、内閣官房で取りまとめている」

と話す。

 

桜を見る会の費用と参加費の推移

地元山口県の後援者ら多数参加

 11日に徹底追及に向けた合同チームを設置した 安倍晋三首相が公費を使って毎

年主催している「桜を見る会」の運営が不透明だとして、野党が「私物化」と

批判している。招待範囲が「各界の功績者・功労者」とされるにもかかわらず

首相の地元山口県をはじめ閣僚や自民党幹部の支援者らが多数参加し、後援会

活動への利用が疑われるためだ。開催費や参加者数も膨らんでおり、野党は。

今年の「桜を見る会」で招待客と握手を交わす安倍首相

(中央)=4月13日、新宿御苑
 野党が問題視するのは、招待基準を骨抜きにし、地元関係者を招いている可能

性がある点だ。 開催要領では招待範囲は皇族、各国大使、各界の代表者等とさ

れ、内閣府は「各省庁から幅広く推薦され、内閣府、内閣官房で取りまとめてい

る」と話す。

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 11:20 | comments(0) | - |
Comment









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment