<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クロ珍のバズーガ砲弾切れだとサ? | Main | アベ珍総理の悪事の数々! >>
イランと米国の仲裁???

※米国に振り回されるアベ珍閣下?

 

※お使いの小僧もお池にハマってサー大変!

 

 

※7/11付西日本新聞!

7/11付新聞

※アベ珍はイランへ米国と喧嘩をするなと、ハーメネイ氏に談合に行きました。

そのお土産にアメリカから踏み絵を差し出されています。どうするアベ珍よ!

 

※イランと米国のケンカの仲裁???

 

※アベ珍はイランと米国が大喧嘩をしているから、先月12日ごろイランへ行き

ました。大国同士のケンカに小さな日本国の宰相が、仲裁へ行っても思う通りに

事が運ぶのかしらね???アベ珍はカッコよく仲裁をするのだと嘯いて、ハリキ

ッテ行きました。イランのハーメネイ大統領も日本国が原油を沢山買ってくれる

から、面会はしました。本当に仲裁をヤリタイなら、米国の輸入規制から日本は

外れろと言われました。これにはアベ珍も困ってしまって、ワンワンワワワーワ

ンであります。米国のトランプからは原油輸入規制をやれと言われながら、それ

は出来ませんと言えないアベでございます。どっちに転んでもアベ如きに仲裁な

ど、出来ないのです。故に欧州先進国の首脳たちは、現状把握に努めています。

先のG20の会議でもアベ珍は何の成果も上げられず、一体あの国際談合会議は

何だったかと誰も言わないし、新聞やテレビもその成果や失敗を報道しません。

故にニュースにも成らないから7/1付けの新聞各紙は、一面に華々しい大文字

の見出しを以ってその記事を載せませんでした。それでアベ珍がイランへ行った

のは国会で、年金問題の¥2000万円を追及されるのを避けたかったのです。

そのような姿勢でありますから、日本国は段々と劣化してまいります。又そのよ

うな宰相でありますから、米国のお使いなど出来ないのです。外交には、恐喝と

脅しがいるのです。米国のトランプは世界中を相手に、恐喝脅しの外交をやり続

けています。この平和時に戦争はないから恐喝脅しを以って、トランプが流通革

命を一人で行っているのです。これにはアメリカの戦争屋も、どうしようもなく

動けずにいます。それアベ珍に恐喝と脅しができる材料もないし、アメリカの手

下でいつまでもアメリカの小僧であります。嗚呼・・・ナム〜・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 15:45 | comments(0) | - |
Comment









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment