<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アベ珍が年金を使い込みすぎた! | Main | アベノミクス大失敗だってさ! >>
景気にブレーキがかかる!

景気悪化の公算大 専門家「間違いなく下方修

される」 

 

朝日新聞 DIGITAL

景気動向指数の下落

景気動向指数の基調判断は「悪化」となる公算が大きくなった

4/26(金) 21:34配信

 

景気悪化の公算大 専門家「間違いなく下方修正

される」

 

 景気動向指数の基調判断が、およそ6年ぶりに「悪化」となる公算が大きくなった。

生産や出荷など判断のもとになるデータが26日発表され、中国経済の影響で落ち込ん

だ。「景気は緩やかに回復している」としてきた政府は公式見解を変えるのか、注目さ

れる。
 景気動向指数の基調判断は、内閣府が機械的にはじく。最新の3月分を連休明けの5

月13日に公表する。1月分と2月分は「下方への局面変化」だったが、3月分は最も

厳しい「悪化」になる方向だ。「悪化」は景気後退の可能性が高いことを示す。海外経

済の減速が響いた2013年1月分で使って以来、6年2カ月ぶりの表現となる。
 3月分の基調判断に使うデータが26日出そろった。鉱工業生産指数が前月比で0・

9%減るなど、企業活動をめぐる七つのデータのうち五つが響いて、指数が前月比でマ

イナスになることがほぼ確実となった。昨秋からの推移も踏まえ、基調判断は「悪化」

へと引き下げになる方向だ。
 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎氏は「間違いなく下方修正され

る」と話す。
 次の焦点は、政府が5月の後半に発表する月例経済報告になる。
 景気動向指数の基調判断は機械的にはじくのに対して、政府の公式見解である月例経

済報告は「総合的な判断」だ。政府は個人消費や設備投資の堅調さを理由に「景気は緩

やかに回復している」としてきた。
 中国経済の減速は、ここにきて歯止めがかかりつつある。中国などの海外経済が力強

さを取り戻し、日本経済の落ち込みが短期間で済むことを、政府は期待している。
 一方、5月20日に発表される1〜3月期の国内総生産(GDP)1次速報はマイナ

ス成長になる、との予測が民間から相次いで出ている。消費や設備投資の伸びが鈍って

いることが理由に挙がる。
 月例経済報告の動向は、消費税率を予定通り10月に引き上げるかどうかにも影響す

る可能性がある。16年には、月例経済報告での景気判断を引き下げた3カ月後に、消

費増税の延期を発表している。(森田岳穂)

朝日新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-00000092-asahi-brf

 

※アベ珍のデタラメ政治!

 

※アベ珍が総理で居る限り日本の景気は、一切よくならないです。それはですね

アベ珍総理が大企業ばかりに目を向けて、輸出に力を入れた政治をしているから

です。本来ならボンビー田ご作国民が少しく豊かになって、買い物が僅かに出来

るようにならないと、景気は良くならないのです。何故なら国内景気が良くなる

と田ご作国民は、自ら消費をするのです。国民が進んで消費をするような政治を

しないと、いつまでも日本の景気は、良くならないのです。国民はもう少し収入

があると、車や家庭用品を買いたいと思っています。それから自動車等も買い替

えて、2000ccクラスに乗りたい願望を持っています。最近ホンダのセール

スマンにお会いして、車の売れ行きはどうですかと尋ねたら、軽と1300cc

クラスは売れますが大きい車は、出ませんという。更に、今頃は不況が長引いて

大型車から1300ccに、乗り換える人が多くなりましたという。又、これま

でコンパクトカーに乗っていた人は、平気で軽に乗り換えるということでした。

このように自動車も買い替えたいが、長く乗る方が多くなってきましたという。

国内消費を上げるには自動車や家電を買い替えたり、家を新築したりしたい国民

は沢山いるのです。それが出来ないのはアベ珍が非正規社員を、多く作るような

政治をしたからです。非正規の人は何時クビを切られる分からないので、新型車

など買えず中古車を買うのです。今の世は自動車がないと、働けないところもあ

ります。アベ珍の政治で、この日本は崩壊へ進んでいます。何とかしてアベを叩

き落すことが、今一番の課題です。

 それで今、アメリカと貿易交渉に臨んだアベ珍はトランプと、談合ています。

その中身はですね。今度選挙があるから貿易には少々手心を加えて欲しいと、云

々しました。それは許して上げるからと、トランプは応答をしました。その代わ

り為替相場を意図的に動かすなと、念を押します。これでアベとクロダがタッグ

を組んで、果てしない金融緩和をしているのに、ビッシとクギをさされました。

これを条約に、盛り込みます。これでアベ珍景気は、オシマイであります。無能

でボンクラのアベ珍は、日本国民を地獄の底に落とし込みます。

 

※4/27付西日本新聞!

4/27付新聞

※アベ珍のデタラメ政治で株価が可笑しくなりました。さてどうするかです。

 

会談に臨む日米首脳  時事通信 4/27(土) 9:16配信

アベとトランプ

26日、米ホワイトハウスで首脳会談に臨む安倍晋三首相(左)とトランプ大統領。

 

※ほれ見てみろ!共同記者会見を開けないくらいアべ

トランプに、やられっぱなしです。28日付西日本

新聞3面に小さく出ています。

 

 

トランプ氏に振り回された安倍首相 会談でま

かの発言

4/27() 20:11配信

 

朝日新聞デジタル

トランプ氏に振り回された安倍首相 会談でまさかの発言

トランプ米大統領(右)との首脳会談で、握手を交わす安倍晋三首相=2019年4月26日、

ワシントンのホワイトハウス、岩下毅撮影

 

 26日午後(日本時間27日午前)にワシントンで開かれた日米首脳会談で、安倍晋

三首相はトランプ大統領の機嫌を損ねず、蜜月関係をアピールする「抱きつき外交」を

展開したが、思惑通りにはいかなかった。トランプ氏は日米貿易交渉の5月末合意に言

及。日本としては受け入れられない想定外の発言に首相は振り回された。
 通訳だけを入れて45分間開かれた1対1の会談。記者団に公開された冒頭、トラン

プ氏は米メディアから日米貿易交渉の合意時期を問われ、「(5月末の)訪日の際に日

本でサインするかもしれない」と答えた。首相は首をかしげ、顔を一瞬しかめた。残り

1カ月での合意は現実性が乏しいうえに、日本側が「まったく聞いていない話」(同行

筋)だったからだ。
 米国の求めに応じて農産物の輸入を増やせば、日本国内の農家から反発が出る。日本

としては、結論を出すのは最速でも7月の参院選以降と踏んでいたが、トランプ氏は会

談で「農業分野を重点的に議論している。日本は米農産物に巨額の関税をかけており、

安倍首相もそれをわかっている」とも指摘した。

 

※これでは記者会見を開けないアベ珍のボンクラ宰相です。

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 08:50 | comments(0) | - |
Comment









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment