<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北方4島どころか2島も還ってこない? | Main | さざ波便り地場産業と・・・No425号 >>
アベ珍内閣と政府が大混乱!

消費増税の転嫁、柔軟に 政府が対策検討駆け込

み・反動緩和

2018/4/13 20:00

 

 政府は13日、2019年10月に予定する税率10%への消費増税前の駆け込み需要と

直後の反動減を和らげる会議を開いた。増税時に一斉に価格を引き上げるのでは

なく、増税前から少しずつ商品やサービスの価格を引き上げるよう小売業者など

に促す。増税前後の景気の変動を少なくする。

 古谷一之・内閣官房副長官補をトップとした作業部会の初会合を開いた。消費税と

同じ性格の付加価値税の税率が20%前後の欧州の事例を参考に、今夏までに方向性を

まとめる。来年度の予算や税制に反映させる。

 14年4月に税率を8%に引き上げた時から、消費税転嫁対策特措法(転嫁法)によ

って「消費税還元セール」が禁止された。これを受け、小売業界では「増税開始時か

ら増税分は厳格に商品やサービス価格に転嫁しなければいけない」との受け止めが広

がった。

 政府は「増税時の価格転嫁を強制しているわけではない」との立場だが、企業の意

識を変えるため「法改正によって、柔軟に価格を引き上げられるというメッセージを

打ち出す必要がある」(財務省幹部)との声もある。このほか増税前のセールの自粛

を要請したり、増税後に住宅や耐久財の消費刺激策を設けたりすることも検討する。

 税率8%への増税時は直前の14年1〜3月期の実質個人消費は前期比年率換算で

8%と大きく伸びた一方、同年4〜6月期は17%も減少した。

 景気回復のもと、人件費の上昇分などを消費者向けの価格に転嫁する動きがじわり

と広がっている。ただ最大手の企業に追従するといった「横並び」の値上げも多い。

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で「予定通り消費増税できる経済環境をつくる

ことが極めて大事だ」と語った。

※詳細は下記のアドレスを開いてください。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29364440T10C18A4EA4000/

 

※アベ珍内閣はムチャクチャな政治!

 

※アベ珍無能内閣がデタラメ政策を行っているものだから、11/29付け西日

本新聞は、その狼狽ぶりを記事にしています。来年10月から消費税を10%に

上げるのを、田ご作国民は誰もが知り尽くしています。その結果、益々消費が落

ち込むので政府はどうしても、それを柔らかくする必要があります。その手段が

2%値下げOKとか、小売価格に税別など記しても良いなどセコイ手法を使うの

を、今から検討しています。これはアベ珍内閣がアベと菅と今井尚が、談合して

決めたのです。その理由は、内閣支持率が急激に落ちることへの警戒心でありま

す。更に来年夏の参議院選挙で、負けるかもしれないとの思いがアベと菅にあり

ます。内閣や政府をデタラメにした主犯は、アベでありますが参謀の今井尚哉が

アベ珍のハンドラーであります。今井尚哉は経産省上がりですから、現在の経産

省は今井の号令の下に動いています。あのセコーなど、全くナンセンス野郎でご

ざいます。それら別としても、来年の参議院選挙と消費税アップの国会論議は、

大混乱になります。更に来年1月から、日米貿易交渉も始まります。アベと茂木

は物品何とか協定なる造語を呼称し、田ご作国民を目くらまししています。米国

のトランプ君はそんなことへいちゃらで、日米貿易交渉を強引にやり続けます。

TPPがこの暮れに批准されてもアメリカは、脱退していますからTPPなど怖

くないのです。それよりか厳しい2国間貿易協定を、やろうとしています。果た

してお友達作戦をアベ珍は田ご作国民に、アナウンスしていましたがその効果は

ゼロです。否々、ゼロ以下になります。それはですね、アメリカは農産物をごり

押しで日本へ入れようとしていますが、アメリカの本命は工業製品と自動車に高

額な関税を、かけるとの圧力であります。このような諸問題も解決できないアベ

珍は、2019年からの消費税アップで政権が持たないのではないかと、危惧し

ています。それはですね、これまでのアベ珍内閣の政策が全く機能しないから、

であります。悪名高きアベノミクスで地方の津々浦々まで潤うと、云々していた

ことはいったい何だったかです。地方は益々疲弊して、青息吐息の生活を強いら

れています。このような政治を続けているので、アベ珍が消費税アップについて

右往左往しているのです。ナム〜・・・

 

※11/29付西日本新聞!

※政治は小手先の手段方法で、乗り越えられる運動体でないのであります。

 

 

 

 

日頃の事 | 10:24 | comments(0) | - |
Comment









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment