<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 株価が上がる仕掛け?? | Main | アベ外交の大失敗❕ >>
アベの内閣改造を評価しない?

※10/4付西日本新聞!

※10%の下駄はかせで46%であります。あのモリカケ事件は不鮮明です。

 

※内閣改造を評価せず!

 

※共同通信の調査で内閣改造を支持しないというより、アベ珍本人を支持しない

人々が多くなっています。その理由は、アベ政治が如何に無茶苦茶な政治を行っ

てきたかの証拠です。先のアメリカトランプとの貿易交渉と、ロシアの北方領土

交渉は全く上手くいかなかったからです。これまでアベはトランプと会って日米

関係はとても大事であるし、良好であるとラッパを吹きまくっていました。その

実質はアメリカから大型の戦争装備品を、沢山買わされたことであります。その

見返りの貿易交渉が、散々でありました。故に、帰国してからもアメリカとの貿

易交渉がどのような状況だったか、一切コメントをしません。それは、過激な貿

易交渉だったのを推測できます。日本側が有利な貿易交渉だったならば、アベ珍

野郎メは帰国時にステートメントを発表するし、記者会見も自ら開くように手配

します。それが全部ダメだったから、沈黙を守っています。今度の貿易交渉は、

TPP以上の内容となって農業が、壊滅的打撃を受けることになります。更に、

動車はこれまでのように輸出ができず、アベ珍がトヨタを持ち上げてはしゃぐ

のができなくなります。これは、アメリカトランプよる貿易革命の一端でありま

す。これまでアメリカは、どこの国からも輸入を促進して自国を富ましてきまし

た。そればっかりやっていたのでお金を使いすぎて、アメリカ自体が負債を抱え

込み身動きができなくなりました。それでトランプは戦争ができないから貿易経

済で、アメリカ本国を富まそうとしています。そのトバッチリはアメリカに輸出

している国々がターゲットとなり、呻吟することになっています。中国と日本が

そのターゲットであります。メキシコやカナダは、第2波のターゲットでありま

す。アメリカはロシアと中国と闘いながら、油断ならない日本と中国を敵対視し

てアメリカが富国になることを、図っています。それに乗じてアベが中国と瞬間

的に仲良しになり、この秋中国へ行くという。これまで中国を敵対視していて、

それが上手くゆくかどうかです。それアメリカの顔色を窺って、中国と仲良しゴ

ッコを演出するのです。

※北朝鮮の拉致問題は全く進まず、今度の内閣改造から菅に丸投げをしました。

あれだけ拉致問題を解決するといって未だに、一歩も進んでいません。それは知

能の低いモリカケ事件に、足を掬われているからです。

 

内閣改造「評価せず」45% 麻生氏留任「よくない」

51%

2018年10月4日 東京新聞朝刊

 

 共同通信社が二、三両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、内閣改造と自

民党役員人事を「評価しない」との回答は45・2%で、「評価する」の31・0%

を上回った。安倍内閣の支持率は46・5%で、前回9月の調査から0・9ポイント

減となった。不支持は1・8ポイント減の38・2%だった。

 内閣改造は通常、政権基盤の強化や求心力回復を狙って行う。直後に支持率が上が

るケースが多いが、今回は政権浮揚にはつながらなかった形だ。

 安倍晋三首相が麻生太郎副総理兼財務相を留任させたことについて「よかった」と

答えた人の割合は33・5%で、「よくなかった」は51・9%だった。石破茂元幹

事長を主な自民党役員や閣僚に起用しなかったことについては「納得できる」43・

3%、「納得できない」41・0%でほぼ拮抗(きっこう)した。

 

 

 首相が自民党の改憲案を次の国会に提出できるよう取りまとめを加速すべきだとの

意向を示していることについて賛成は36・4%、反対は48・7%だった。

 安倍内閣が優先して取り組むべき課題(二つまで回答)について聞いたところ「年

金・医療・介護」が38・7%で最も多く、「景気や雇用など経済政策」36・1%、

「子育て・少子化対策」22・3%と続いた。

 米軍普天間(ふてんま)飛行場 (沖縄県宜野湾(ぎのわん)市) の名護市辺野古

(へのこ)への移設を進める政府方針について「支持する」は34・8%、「支持し

しない」は54・9%だった。

 政党支持率は自民党が前回比1.4ポイント減の44・8%で、立憲民主党は2・4

ポイント増の8・7%。公明党4・4%、日本維新の会2・6%、共産党2・2%、

国民民主党1・0%、社民党0・8%、自由党0・6%、希望の党0・5%。「支持

する政党はない」とした無党派層は33・0%だった。

 

 

安倍首相:トーンダウン 自民改憲案「提出」は

「説明」

2018/10/03

 安倍晋三首相は3日、自民党の高村正彦前副総裁と首相官邸で会談し、自衛隊の明

記など4項目の党憲法改正案を、秋の臨時国会で与野党に説明したいとの意向を示し

た。首相は2日の記者会見で「次の国会で党の改憲案提出を目指す」と改めて表明。

高村氏が「党の条文案を衆参両院の憲法審査会で説明するという意味でいいか」と真

意を尋ねると、首相は「そうとらえてもらって結構だ」と答えたという。

 首相はこれまで、臨時国会で条文案の「提出」に意欲を示したと受け止められてい

たが、議論のたたき台として「説明」するだけでも構わないと事実上認め、トーンダ

ウンした形だ。

毎日新聞 安倍晋三首相

 

 自民党憲法改正推進本部は3月、9条への自衛隊明記▽緊急事態条項の創設▽参

選の合区解消▽教育の充実−−の条文案をまとめた。しかし先の通常国会では、立憲

民主党など野党が慎重姿勢で、憲法審での説明さえほとんどできなかったという経緯

がある。

 首相は公明党との事前協議にも意欲を示したが、公明党は応じず、与野党が一堂に

会する憲法審での議論を求めている。公明の山口那津男代表は3日、国民民主党の玉

木雄一郎代表にあいさつ回りをした際、「憲法(論議)には与野党の区別はなく、国

会で同等のプレーヤーだ」と指摘。「場外で先行させ、何かを持ち込むことはふさわ

しいやり方ではない」と伝え、首相を重ねてけん制した。

【田中裕之】

 

※アベ珍による日米貿易交渉が上手くいかな

った、証拠記事2点を下にご紹介します!

 

米、日欧協定以上の水準要求 農務長官、関税引

き下げで

共同通信社 2018/10/05

© KYODONEWS パーデュー米農務長官(中央)=1日、ワシントン

(ゲッティ=共同)

 

  【ワシントン共同】パーデュー米農務長官は4日、日本との通商交渉で、日本と欧

州連合(EU)が署名した経済連携協定(EPA)以上の農産品関税引き下げを求める

考えを示した。ワシントンで記者団の取材に応じた。日米首脳会談の合意では、

過去の貿易協定の水準を最大限としていた。米側の強硬姿勢が鮮明となり、日本

は難しい交渉を迫られそうだ。

  ペンス副大統領は4日の演説で「日本と歴史的な2国間の自由貿易協定(FTA)

に関する交渉を間もなく始める」と述べ、今回はFTA交渉との位置付けを明確

にした。安倍首相は「包括的なFTAとは全く異なる」としており、認識のずれも

表面化した。

 

 

焦点:視界不良の日本車各社、輸出規制懸念で対米

戦略見直しも

10/3(水) 0:16配信

 10月2日、貿易赤字削減をめざすトランプ米大統領の各国への圧力が強まる中、日本の自

動車各社は米政府による新たな輸出規制をめぐって視界不良の状況が続いている。横浜港で昨

年5月撮影(2018年 ロイター/TORU HANAI

 

[東京 2日 ロイター] - 貿易赤字削減をめざすトランプ米大統領の各国への圧力

が強まる中、日本の自動車各社は米政府による新たな輸出規制をめぐって視界不良の

状況が続いている。
北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉は車関税をゼロとする条件の厳格化で合意し

た。日系各社は米現地生産の拡大だけでなく、今後開始する日米物品貿易協定(TA

G)の交渉の行方次第で対米輸出への高関税や数量規制への対応も迫られる可能性が

ある。
<生産体制・部品調達見直しでコスト増も>
 NAFTAの枠組みを前提に北米事業を進めてきた日本の自動車メーカー。3カ国

の協定が維持されたことにまずは胸をなでおろしているが、マツダ<7261.T>の丸

本明社長は2日の会見で、3カ国で合意できたことは「大きな前進」と歓迎とする一

方、新たな協定(USMCA)の要件に「適応すべく検討を進めていく」と気を引き

締めた。
 合意された自動車関税の撤廃条件の1つが、同3カ国域内の部材調達比率の62.

5%以上から75%以上への引き上げ。マツダが米国で販売している小型車「マツダ

3(日本名アクセラ)」は、現在すべてメキシコ産で、新協定の75%に「達してい

ない」ため、条件を満たすためにサプライチェーン(供給網)は「当然、変わってく

る」と丸本社長は話す。

※詳細は下のアドレスを開いてチョ!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000001-reut-bus_all

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 06:34 | comments(0) | - |
Comment









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment