<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< さざ波便りとう天100先が読めるNo423号 | Main | アベの内閣改造を評価しない? >>
株価が上がる仕掛け??

※景況感が悪化しても株価が上がる?

 

※10/2付西日本新聞!

新聞10/2

※日本全体が好景気でもないのに、株価が上がるアベ株価連動内閣の仕業??

新聞10/2

※景況感が3期連続で株価が上がるとは、前代未聞であります。アベ珍現象也

 

※株価連動内閣のアベ珍?

 

※幽霊現象や怪奇現象は、夏の相場と決まっています。アベ珍の株価連動内閣は

毎度可笑しな事ばかりやるので、株価が秋になって怪奇現象を起こしています。

このようなことは、驚くに値しない。ま〜ヒマつぶしに、眺めて措くしかない。

それ近い将来、株価も安定してくるでありましょう。それはアベが総理大臣を辞

めて、次の正常な内閣ができた時であります。アベは3年後に必ず辞めますし、

いなくなります。コイツが辞めないと地方創生は出来ないし、地方はいつまでも

疲弊していきます。現在は地方が先行して疲弊していますがあと3〜40年もす

ると、大都会の東京も疲弊してまいります。その第一の原因は、人口減少であり

ます。10年も前に、国土交通省が田舎のことを限界村と云々しました。その通

りになりまして田舎の山里に人がいなくなり、イノシシが我が物顔で闊歩してい

ます。まずは田舎が人口減少で、限界村のガッタレになります。それから地方

市が、ガッタレ街になります。現在、どこのアーケード街も閑古鳥もいない有

です。そこに住んでいる人が人為的に、人を呼び込んで多少の賑わいを見せてい

ます。しかし、そこで活躍する人々は若者でなく、年金族の仕事のない人々が

マつぶしにやっているのが現状です。そして2番目は、日本国が世界的なモノづ

くり大国であります。それ日本人が有する高度な技術を受け継ぐ人がいなくな

段々と、減少していきます。これからも人がいなくなるので、日本国の衰退に歯

止めがかからない。それから3番目の要因は、ITが日本に普及しないのです。

それは、我が国民がモノづくり世界一と思いあがっていますからITを使って、

世界に羽ばたく若者がいなくなりました。その点インドは国のトップがITを駆

使して世界の中で生きようとしています。インドはどうも可笑しな国と日本人は

思っていましたが、アメリカのシリコンバレーを凌ぐ勢いでインドバンガロール

は、活躍しているそうです。インドがIT大国になる日は、そう遠くないと思い

ます。現在、アメリカIT企業のトップに大概インド人が、座っています。

※日本のアベ珍内閣は仲良し人事の組閣をやって、アベグループはこの世の春を

謳歌します。しかしその砂上の楼閣は、長く続かないです。先ずアベは秘密保護

法や共謀罪法を先に法制化し、メディアを黙らせ国民に情報を与えないようにし

ました。このアベが犯す犯罪は日本国発展に、大きなマイナス要因となります。

本国のリーダーはもっと情報を開示し、国民が元気で生きる政策をやらないと

ベ珍では、日本国が閉塞社会に成り果てます。

 

※10/2付西日本新聞!

新聞10/2

早速各新聞社が景況感悪化で、なぜ株高になるのかの記事を載せています。

 

景況感悪化なのになぜ株高?=日銀短観と対照的な

動き

10/2(火) 7:30配信

 

 日銀が発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)で企業の景況感が3期連

で悪化した1日、日経平均株価は続伸し、終値でバブル後の高値を更新する対照的な

動きを見せた。両者の違いの背景を探ってみた。
 ―景気の現状は? 
 短観は企業に景況感や業績見通しなどを尋ねる調査。最も注目される大企業製造業

の業況判断指数(DI)は、景況感が「良い」と回答した企業割合から「悪い」の割合

を差し引いた数値で、前回調査より悪化した今回もプラス19と「良い」が「悪い」を

大きく上回った。米中摩擦激化などで経営者の不安心理が増しているのは確かだが、

景気そのものは決して悪くない。
 ―株価が上昇したのはなぜ。
 米国株が史上最高値圏まで上昇し、日本株の割安感が増したことが大きな要因とし

て指摘されている。世界の金融市場は一体化が進んでおり、日本株は米国株の影響を

受けやすい。
 ―経営者と投資家、どっちが正しい? 
 一概には言えない。短観に回答する企業経営者は物事を保守的に見る傾向が強い。

みずほ証券チーフマーケットエコノミストの上野泰也さんは「経営者の目は貿易問題

など先行きの景気悪化につながる材料に向きがちだ」と指摘している。
 一方、投資家は利益を得るのが狙い。株高を主導したのは海外投資家とみられ、中

長期的な景気見通しとは別に、短期的な値上がり期待で株が買われた面が強い。
 ―今後の株価はどうなるの。
 日経平均は9月に1254円も上昇し、1日もさらに上がったが、持続可能な上昇

ペースではなさそうだ。ただ、株価が下がれば買いたくなる投資家も増えるため「大

幅下落は考えにくい」(伊井哲朗コモンズ投信社長)との楽観的な見方が多い。

※詳細は下のアドレスを開いてチョ!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000023-jij-pol

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 06:00 | comments(0) | - |
Comment









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment