<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アベの傲慢総裁選! | Main | アベ珍3選される? >>
アベによる総裁選向けの株高演出!

日銀が「麻薬中毒の日本」に打つべき次の一手融政策

決定会合で日銀は本当に動くのか?

 

小幡 : 慶應義塾大学大学院准教授 著者フォロー 2018/07/30

日本の金融市場は「金融緩和中毒」だと筆者は指摘する。だが麻薬患者がいきなり麻薬を止め

れば激しい副作用が起きるとの同じで今はすぐに止められない。ではどうすればいいのか?

(撮影:大澤誠)

 

 日銀が7月31日までの政策決定会合で金融政策を変更するのではないかという憶測

が飛び交い、10年物国債の金利は一時これまでの0.03%程度から一気に0.11%

まで急上昇した。

 日銀は、この観測による金利上昇を抑え込むために、緊急の指値オペを実施。これ

までの0.11%の指値から0.1%に引き下げるという異例の対応でしのいだ。そもそも

金利水準を指定して買い入れを行う指値オペ自体が異例の対応であり、その金利水準

を引き下げてでも対応したのは、日銀にとっても危機感が大きかったからだろう。

 この日本国債の金利上昇は世界の国債市場に影響を与え、先進国の国債金利は軒並

み上昇した。日銀の出口観測が強まったということだが、なにしろ日本の国債市場は

世界に影響をほとんど与えない、日銀の異常な金融政策による歪な市場であるから、

これまでは世界の金融市場への影響はまったく無視されてきた。今回の事態は異例の

現象であった。

※詳細は下のアドレスを見てチョ

https://toyokeizai.net/articles/-/231519

 

※日銀の崩壊と破綻!

 

※アベ珍は今度の総裁選挙を有利に動かす為、株価を暴落させな様に動いている

のがよく見えます。選挙期間中に株価が暴落したら大ごとになると予測し、セコ

イ株価操作をやり続けています。それで選挙が終わったら、株価が暴落し始めま

す。この2〜3年内に、株価の大暴落があります。それで総裁選中に、アベが日

銀の出口戦略の事を云々しました。政府から日銀は独立していますが、アベ珍は

銀を我が物顔で操作しています。これはアベ珍の越権行為でありまして、これ

での内閣は日銀の懐に手を入れ自由自在に、金融を操る総理大臣は皆無であり

ました。アベが内閣総理大臣になった時、自分がこれまでの内閣より一番良いと

云々している言葉が、彼方此方にありました。そしてプーチンとは大の仲良しで

あると、大法螺を吹いて見せました。先のウラジオストクでプーチンとの会談は

見事に、大失敗でした。故に北方4島は返ってこないし、そして4島はロシア領

だとプーチンとロシア国民は思い込んでいます。そのようにさせたのは、アベ珍

がオレはプーチンと大の仲良しだと、意図的に演出したからです。このようなし

ぐさを、アメリカのトランプにも演じています。トランプが大統領になった時、

最大のお友達と云々しトランプが大統領になる前に、トランプと接触して見せま

した。派手なパフォーマンスの割に、今度の貿易交渉はトランプ主導で行われま

す。そのようなことが出来してくると、株価の暴落が始まります。そして円相場

が再び¥100を切って、80円を望むようになります。それで益々日本国はデ

レとなり、大不況へ突入して参ります。現在、国民の大概は総裁選を見学して

いますが、これが終わると、株価がじわじわと下げ始めます。日本人の大欠陥は

アベを支持しないが、おらが村の自民党田ご作先生は支持するとなっています。

ここに、日本国の代議士選びに矛盾が生じています。

※本題の日銀崩壊は、今後益々急速に進んでいきます。その時、田ご作国民はど

するかであります。それで銀行が規模縮小に追いやられた背景は、ITインタ

ーネットの大普及にあります。それは、流通の在り方を大きく変えました。これ

まで銀行に頼っていた融資や送金が、インターネットバンクで融資と送金できる

ようになりました。手数料が1/10以下となり、酷いところは無料になりまし

た。そして融資にしてもこれまで銀行は、3年間の決算報告書を見学していまし

た。これに対してネット融資は、これからの未来に向けての布石と理論で、融資

するようになりました。あと一つの大きな要因は、マイナス金利で銀行の利ザヤ

が全く発生しないようになりました。ここでも銀行のうまみが、消えてしまいま

した。銀行はお国の保護のもと安穏で、140年間暮らしてきました。それが将

来を見通す考えを、作り出すことができなかったのです。

 

※9/19付西日本新聞!

9

※今後、地方銀行は音を立てて規模縮小を図ってまいります。不便な銀行です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 08:30 | comments(0) | - |
Comment









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment