<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アベのお目メはどこを向いてるか? | Main | アベ内閣の支持率低下へ。 >>
極悪宰相アベの悪事国会!

頭の中は被災者よりも総裁選 安倍首相 「国家

改造」の野望(日刊ゲンダイ)

http://www.asyura2.com/18/senkyo247/msg/883.html
2018 年 7 月 19
あべ宰相によってお国が危機に直面しています。

※憲政史上最悪なアベ宰相を日本国民は、養わんばです。悪党というより低能也

新聞7/22

※森友事件と加計事件をうやむやにして、説明が全くできず検察官と裁判官を抱

き込んで、アベ自身が黒い犯罪者として後世に裁かれます。10年〜20年後に

それを暴く人が必ず出てきます。明治政府の長州藩悪党の山縣有朋は100年後

に、その悪政を暴かれることになりました。アベは幼稚な犯罪者だから10年と

わず、ヤツが総理をやめたとたん暴かれることになります。

 

※暴虐無能政治家のアベチン!

 

※下の記事にあるようにアベの勝手が行き詰まり、憲法改悪の話さえできない状

況になってきました。時事通信社からも文書改ざんなどの諸悪を、下の記事にさ

れるうじゃ話にならないアベチンです。よく見てチョ!

 

不祥事続発、政権つまずき=対立激化、しぼむ

改憲機運−通常国会

2018/07/21 18:03時事通信社

 

 22日が会期末の第196通常国会では、安倍晋三首相が最重視した「働き方改革」

関連法をはじめ重要法案がほぼ成立する一方、「森友・加計学園」問題など政権を揺

るがす不祥事が続発した。内閣支持率が大きく低下したのに伴い、首相が目指す憲法

改正の機運もしぼんだ。国会審議では与党の数の力による強引な運営が際立ち、与野

党対立はかつてなく深まった。

 首相は事実上の国会閉幕を受けた20日夜の記者会見で「未来を見据えた改革を進

める準備が整った」と強調。 米国を除く11カ国による環太平洋連携協定の新協定

「TPP11」関連法や、カジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法も成立

させた今国会の成果を誇った。

 1月22日の召集に際し、首相は今国会を「働き方改革国会」と銘打つ一方、憲法

正については「実現の時を迎えている」と踏み込み、国会発議に強い意欲を示した。

 だが、つまずきは首相自身の足元で起きた。2018年度予算案が衆院を通過した

直後の3月上旬、首相夫人の昭恵氏も絡んだ森友学園への国有地売却をめぐり、財務

省の公文書改ざん疑惑が浮上。同省は改ざんを認めるに至った。その後、「存在しな

い」としていた自衛隊の日報が見つかり、首相秘書官が加計学園獣医学部新設を「首

相案件」と述べたとする文書が明るみに出た。

 

※カジノを日本語に訳すると賭場!

新聞7/21

※江戸時代にあった、花札賭博のおいちょかぶです。東映の映画では、その場面

よく見ることがあります。賭け事をお国の宰相が岡山地方の大水害をそっちの

にして、強引に国会を通すとはアベチンも相当イカレタ宰相であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 07:50 | comments(0) | - |
Comment









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment