<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アベの種子法廃止はだめです! | Main | アベのお目メはどこを向いてるか? >>
アベ自民党は劣化中の劣化!

※7/11付西日本新聞!

7

※岡山・広島の大水害被害をメディアは、毎日特集して放映しています。

 

※アベは国民の生命が第一と???

 

※アベとスガと内閣の諸大臣は、国民の命が第一と平気で嘯いています。それで

は7/6の全国大水害の前、アベ自民党の輩は赤坂で大宴会を行っていました。

その模様を悪女でありながら善人ツラをした、片山さつきが自らのツイッターに

赤坂でのアベ自民党の大宴会は、アベも参加し大成功だったと云々しています。

更にとても楽しい宴会だったと、コメントしています。片山さつきは東大を1位

か2位で、卒業してもこの程度の発言しかできない最悪な、おなごであります。

こんな輩ばかりがアベ自民党に、ワンサカおります。そして自民党ではない公明

党の石井国交省大臣が豪雨の被害よりカジノ法案が大事と、とんでもないことを

云々しています。この程度が公明党の大臣でありますから、自民党議員も水害そ

っちのけで大宴会を張り、公明党の石井も国民をなおざりにしてバクチ法案を先

にせよとは、言語道断です。これらの所業は日本の代議士に、大劣化が浸透して

もう元の自民党に戻れなくなっています。それ田ご作国民は、アベ自民党に寄り

添わず、自力で生きる考えと方法を作り出さないと、今後益々苦しい生活となり

ます。アベの発言はすべてウソで固められています。ナム〜・・・

※7/10になって自民党国対委員長の森山が、こんな大きな被害が出るは思わ

なかったと、云々しています。そんなことはない。その日の午後2時、気象庁が

50年に一度あるかどうかの豪雨災害になると、警報を発しています。それを聞

いていないとは、言わせないぞ!国民の大概が聞いているのに、国会議員だけに

聞こえなかったいうのはおかしいでないか???どんなに言い訳しても通用しな

いから、被災者と国民にメンゴと言えよ!この間抜けメが!

 

※7/9付日刊ゲンダイの記事!

※7/11NHKのラジオ発表によりますと、死者159人行方不明者57人と

アナウンスしていました。これには重症のけが人は含まれていません。これでも

片山さつきは国民に謝罪の言葉も発しません。宴会があったのは7/5の夜であ

ります。その時は気象庁から、豪雨災害の警戒警報を午後2時に発しています。

 

<参院内閣委>「豪雨よりカジノ審議」野党が国交相

出席批判

 

7/10(火) 21:27配信  

答弁する石井啓一国土交通相=国会内で2018年7月10日午前10時 川田雅浩撮影

 

 安倍政権の豪雨被害対応への批判を野党が強めている。10日は、石井啓一国土交

通相がカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の担当として参院内閣委員会に

約6時間出席するのを優先したことに批判が集中した。
 国民民主党の矢田稚子氏は「一刻を争う状況でカジノ法案の審議をしていていいの

か」とただした。石井氏は「審議のあり方は国会で決めていただく」と語るにとどめ

た。この審議は野党が休戦を主張する中、9日に柘植芳文委員長(自民)が職権で開

催を決めた。
 立憲民主党の辻元清美国対委員長は党会合で「国交省が中心とならないと、道を開

けるなどができない。人命第一と言いながらカジノ第一だ」と批判。共産党の小池晃

書記局長もBS11の番組で「土砂災害の最高責任者は国交相。国会に座っている場

合ではない」と指摘した。
 一方、大雨の予報が出ていた5日夜に、東京・赤坂の議員宿舎で「赤坂自民亭」と

称する飲み会が開かれたことへの批判も続く。安倍晋三首相ら自民議員数十人が参加

し、西村康稔官房副長官や片山さつき参院議員がツイッターに写真を投稿。首相や小

野寺五典防衛相のほか、翌朝にオウム事件の死刑囚7人の刑執行を控えた上川陽子法

相らが写っていた。「和気あいあい」(西村氏)、「大変な盛り上がり」(片山氏)

のコメントもあった。
 これに対し立憲の蓮舫参院幹事長は10日、「責任感があまりにも欠如している」

と記者団に語り、社民党の又市征治党首も記者会見で「初動対応を疑問視せざるを得

ない」と批判した。自民党の森山裕国対委員長は10日の会見で「こんな大きな災害

になると予測できなかったと思う」としつつ、「できるだけ慎んだ方がいい」と語ら

ざるを得なかった。公明幹部は「宴会をやるなとは言わないが、なぜネットに写真を

流すのか」と嘆いた。【遠藤修平、立野将弘】

 

豪雨でも「宴会自慢」をやらかす"想像力欠如"

安倍政権の売りは危機管理能力だったのに…

 

週刊東洋経済プラス 安積 明子 : ジャーナリスト 2018/07/10

https://toyokeizai.net/articles/-/228868?page=3

広島県三原市に設けられた給水所を利用する被災者たち(写真:ロイター)

 

 西日本を中心に降り続いた記録的大雨は、7月9日になって「平成30年7月豪雨」と

名付けられた。確認された死者の数は、すでに100人を超えている。安否不明者も

多く、今後さらに増える見通しだ。

同じ9日に開かれた「立憲民主党 2018豪雨災害対策本部 第1回会議」で枝野幸

男代表は、「東日本大震災に次ぐ大規模災害だ」と述べたが、その表現は決して

誇張ではない。大雨特別警報が11府県にもわたって発令されたことは前例がな

いし、避難指示対象は83万9289世帯・187万8007名、避難勧告対象は101万

4930世帯・232万1947人にも及んでいた(7月8日午後3時現在)。

 

気象庁は7月5日午後2時に緊急会見

 

 大雨特別警報とは、数十年に1度のこれまで経験したことのないような重大な危険

性が差し迫っている異常な状況の下で発令されるものだ。

 今回の豪雨の被害の特徴は「広域性」と「被害の甚大さ」だが、気象庁はすでに7

5日午後2時に東京と大阪で緊急会見を開いて警告していた。台風や地震、大雪以

外を理由として気象庁の会見が開かれるのは異例中の異例である。

 この時の気象レーダーには、兵庫県南東部から滋賀県にかけて「線状降水帯」が発

していたことが示されていた。線状降水帯とは次々と積乱雲が発生して並ぶ帯状の

ので、ゲリラ豪雨の原因とされている。気象庁は比較的長い時間、これらの地域に

量の降水量がもたらされると判断した。実際、この時点で8日午前まで豪雨が続く

ろうと報じられている。

 だが政権中枢の危機管理はどうだったのか。そこには苦言を呈さざるを得ない事態

発生していた。

 

※被災者の方々はアベに、興味を示さず。アベだけがオレをちゃんと写せと!

この写真はFBから無断転載です。

※被災者とアベのやり取りが面白いね。外遊を取りやめて大災害の岡山県に来

たという。岡山にはあの加計学園があるからね。彼へお見舞いかもよ!故に、

外遊は一切日本のためにならないと、いうことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 07:45 | comments(0) | - |
Comment









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment