<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< さざ波便り宮崎滔天No519号 | Main | 無責任なアベが米国へ逃げた! >>
アベ最大の悪事!

森友文書改竄 霞が関の信頼失墜 財務省「解体論」

も浮上

6/4(月) 22:01配信 

 

※詳細は下のアドレスを開いてください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000569-san-bus_all

 財務省の森友学園に関する調査報告を受け会見する麻生太郎副総理兼財務相=4日午後、

東京・霞ヶ関の財務省(斎藤良雄撮影)

 学校法人「森友学園」をめぐる決裁文書の改(かい)竄(ざん)は、中央省庁の

“代表選手”財務省が起こした問題だけに霞が関全体の信頼が失墜しかねない。同

省は財政健全化計画の遂行や消費税増税といった重要課題に取り組んでいるが、生

半可な改革では国民からの信頼を取り戻すことは不可能。国税庁を本省から切り離

す「解体論」すら浮上し始めた。
 「財務省と行政全体の信頼を損なった。二度とこうしたことが起こらないよう大

臣としての職責を全うする」。麻生太郎財務相は4日の記者会見で、こう述べた。
 予算配分権と徴税権を握る財務省は「最強官庁」として行政機関の代表のように

みられてきた。その代表が国会答弁とつじつまを合わせるため公文書の改竄や廃棄

を行ったことで、「『役所もウソをつく』という意識を国民に植え付けた。罪は重

い」(経済官庁関係者)との批判は強い。
 また、財務省は今回の改竄や廃棄が「当時の理財局(だけ)で行われた」(麻生

財務相)と結論づけた。こうなると問題になるのは財務省の内部統制のあり方だ。

理財局という一部局の独断による重大な不祥事を許したことになり、組織運営の甘

さへの批判が強まるのは必至だ。

 

※責任を取らないアソーとアベ!

 

※日本を動かすトップ2人が自ら行った悪事を官僚に擦り付けて、自ら一切責任

を取らないようにしてしまいました。これは、最高責任者のアベのなせるワザで

あります。そのヾ盈修凌融権を一切内閣に盗ってしまった事。⊆民党を自ら

の支配下に置いた事。司法法務省の人事権をスベテ握って、アベ一辺倒にして

しまった事。大方この3点で、アベは無罪放免となりました。現在のところ無罪

放免になっても、歴史をねつ造すると必ず歴史によって、処断されます。それは

歴史は公平で、普遍性を永遠に求めているからです。現在、アベは森友・加計事

などから逃げる事ができても、田ご作国民の目と歴史学の観点から逃れること

はできません。アベの悪事をアベのシンパも知っているし、中立の人々もそれを

知っているけど、自らの力でどうにもならないとあきらめています。東京の人々

はアベの悪事を許さないと言い、国会前や新宿でデモと抗議集会をやりますが、

大概の国民はそれを新聞やテレビで見ているだけです。ま〜この程度が、田ご作

日本国民の民度であります。大概の国民は、この程度だからよか時代を生きてい

ることになります。嗚呼・・・ナムアミダブツのブツブツなり。

 

※6/5付西日本新聞!

新聞6/5

新聞6/5

※このような悪事が日本国をまかり通るなら、アベの政治は3級品です。

※6/4朝日新聞デジタル記事から無断転載!

https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180604001452.html

※詳細は上のアドレスを開いてチョ!

 

相次ぐ隠蔽、捏造、改ざん 政治を誤解した政権の

末路

4/14(土) 7:01配信 有料  

 

※詳細は下のアドレスを開いてチョ!

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180414-00017914-stoyos-bus_all

4月9日の参議院決算委員会で、イラク日報問題について陳謝する安倍晋三首相(時事)

 

 <2018年4月21日号> このところ財務省、防衛省、厚労省などの官庁で文書

やデータの隠蔽、捏造、改ざんが相次いでいる。契約書の文言をこっそり書き換

えるとか、あるはずの文書を隠して廃棄したと言い張るとかいったことが起これ

ば、われわれの社会経済生活は成立しない。
 米国は横田基地へのオスプレイ配備を決定した。この件について、4月4日の

議院外務委員会で河野太郎外相が「3月16日に在日米軍司令部から接受国の

通報があったが、米側から、調整が整うまでの間は公表を控えるよう要請された

のを踏まえ、4月3日の公表となった」と説明した。外務省はどこを向いて仕事

をしているのだろう。全体的に、日本の政治と行政にはインフォームドコンセン

トという理念が不在だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 07:55 | comments(0) | - |
Comment









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment