<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< デフレ脱却できないよ! | Main | 佐川宣寿隠し! >>
寝言を云い続けるクロダの金融緩和!

※波佐見インターの出口!

インター出口

※右に行ったら波佐見界隈のミヤコに入ります。茲から我が家は2km位??

 

 

※黒田の大規模金融緩和の継続意味?

 

※大規模金融緩和の決定で、我が国の金融崩壊が進行するようになります。これ

で日本の地方産業の再生もあり得ないことが、決定しました。それでアベ晋内閣

は、継続し難いことになります。日本国は益々デフレスパイラルが進行して、民

百姓は苦しい生活を余儀なくされます。現在は民百姓がいないなで、本来の呼び

名は民&労働者となります。もう少しカッコいい呼び名は、民&サラリーマンと

なります。それ昨日も記したようにアベ晋政治の結果、日本国内の中産家階級が

居なくなりました。これまでこの人々が消費を、喚起していました。この中産家

階級というのは高給セレブでなく、町の商店主や零細企業&小企業のオヤジどん

の経営者で有ります。従来はこの人々が少し、よか車に乗って生きていました。

今は地方の地場産業がイカレテしまって、この人々はシルバー産業や日雇いの仕

事に行って生きるのが、ヤットであります。それだけではメシが食えないので、

僅かの国民年金で生きているのが現状で有ります。それでも田舎は生活インフラ

代金が都会より少ないので、何とか生きていけるのです。現在都会の人々は毎日

お金が居るので、小旅行も出来ずにいます。少しだけ旅行できるのは働き盛りの

若者と、4〜50代の人々で有りましょう。この人々も子供の学資に食われて、

大きな旅行もできないでいます。更にミヤコの年金族は生活費に食われ、動けな

いのが現実で有ります。車馬界隈がこのような状態でありますから、クロダとア

ベ晋が金融緩和を継続して物価上昇を企んでも、大概の人々はジーット辛抱して

生きらざるを得ないのです。それでアベ晋の政治で地方産業再生は全く出来ず、

可笑しな政策を懲りずに続けています。だからクロダが大規模金融緩和を継続し

ても、それは気泡に期すのです。貧困生活を祈り続けないけど、国民の生き方と

在り方の現実を学ばないアベ晋にいつまでもしがみついていたら、我々ボンビー

な田ご作は生きることが益々苦しくなります。アベ晋を早く斃す方法を何とか考

えて、行動を起こさんばとです。それでも日本人は何とか耐えて生きる方法を見

つけ出し、健気に生きて参ります。嗚呼〜ドガンすればいいのやら・・・

 

※3/7付西日本新聞!

新聞3/7

※クロダは国会でカッコよく大規模金融緩和を云々しますが、イカレテいる。

 

 

※3/7付西日本新聞!

※アベ晋は何処までも森友事件から逃げようとしますが、森友が追っかける!

 

<森友文書>「あいまい戦術」政府限界 自民、

首相に不満

3/7(水) 0:35配信  

 

疑惑を巡る財務省のゼロ回答

 

 森友学園への国有地売却に関する決裁文書が書き換えられたとされる疑惑で、「ゼ

ロ回答」を強行した財務省に対し、野党だけでなく自民党幹部からも「国民の理解を

得られない」と批判が噴出した。首相官邸は「出せるものは出した」(幹部)と反論

するが、早期の対処を迫る自民の圧力は強まる。支持率急落で危機に陥った昨夏の轍

(てつ)を踏むわけにもいかず、安倍政権の「曖昧戦術」は限界に近づいている。
 「明らかにしないと、国会審議が進まないじゃないですか」。自民党の二階俊博幹

事長は6日の記者会見で、財務省が書き換えの有無を明らかにすべきかと問われ、不

快そうな表情を浮かべた。「事実なら政府に厳重に抗議する」という前日の発言から

一段とトーンを上げた形。自民党の実力者が「理解できない」と、公に政府を批判し

たインパクトは大きい。

 

 

※波佐見インターチェンジ!

※波佐見町に高速道路のインターが出来ても、陶磁器の出荷が1/4に減る!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 09:15 | comments(0) | - |
Comment









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment