<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 特別監察! | Main | さざ波便りNo409号(安倍総理の事) >>
アベ政権のオドシ???

※裏の堤!

堤

※7月29日盛夏の候アジィー夏の日、裏の堤は緑色で涼しいように見える。

 

 

※臨戦態勢か???

 

※北朝鮮がテポドンやミサイルなど打ち上げているので、隣国の日本は臨戦態勢

に入っているかの如くです。好戦的なアベ総理にとっては、好都合で有ります。

スワー大変だ!!北朝鮮がミサイルで日本を攻撃してくると国民に喧伝し、自ら

は自衛隊増強とアメリカ産戦闘機と爆撃機を購入するチャンスが生まれたと、大

変喜んでいます。そして戦争を煽るのに、北朝鮮からミサイルが飛んでくるので

日本に着弾する前に防空壕を掘れとか、児童は机の下に隠れろとか云々していま

す。この時代に机に下に隠れろとか、防空壕を掘れなどのアナウンスは、全くお

役に立ちません。北朝鮮が日本を本格的に攻撃するターゲットは、国内に54基

もある原子力発電所です。そんな戦の時、机の下に隠れろとか防空壕を掘れなど

云々しても、お笑い草で有ります。それ放射能は何処に隠れようと、侵入してき

ます。次に大戦があれば、もう人間は逃げる道がないよ。

※それでお国を守る政府と政治家は、戦争をしないように、外交政治を進めるこ

とです。中国3千年の教えである戦の36計は、お役に立たないのです。更に、

ヨーロッパの戦争論や暗号論を記したクラウゼビッツの教科書も、お役に立たな

い時代となりました。それらの戦争論がお役に立つのは、商品経済とサービス経

済や金融経済でお役に立ちます。36計はITとAIにも、お役に立たないので

す。それ戦争抑止はアナログの人間対人間の対話だけが、戦争回避となります。

2階幹事長よ!今さら防空壕を掘っても手遅れです。日本国民の1億2千500

万人が入れる防空壕は、お役に立たないよ。もう少しましなアナウンスをしてお

くれよ。政府のアベや2階は昭和8年、桐生悠遊が「関東防空大演習を嗤う」

エッセーを読んでからその対策を言えよ!アベちゃんよ!子供たちが、机の下に

隠れる練習などせんでもよかです。日本国トップの2人がこの程度だから、どう

しようもないよ。嗚呼〜・・・ナムアミダブツだね。

 

※北朝鮮! 7/30付西日本新聞!

新聞7/30

※北朝鮮国民はどのようして生きているのだろうか???米穀はないと思う。

いらぬお世話だけどね。日本国は80年前鉄砲弾を造って戦に負けたのです。

 

二階氏、地下シェルター整備訴え 北朝鮮ミサイル

7/29(土) 14:51配信 ※2階が真顔だから嗤います。

二階俊博氏  ※今さら防空壕を掘れと言って、誰が真剣に掘るものか??

 

 北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて、自民党の二階俊博幹事長は29日、

「地方、地域で大きな防空壕(ごう)を造ることができるかできないか、対応し

ていかなければならない」と述べ、日本に着弾する事態を想定した地下シェルタ

ー整備の必要性を訴えた。党本部で行われた「北朝鮮核実験・ミサイル問題対策

本部」の役員会後、記者団に語った。
 役員会では「北朝鮮が本気で撃つ準備をしている」との意見も出たといい、二

階氏は国民の避難のあり方に言及。「各県、自民党県連などが協力して対応すれ

ば、防空壕をつくる場合でも、相当スピーディーに対処できるのではないか」と

述べた。

 

戦争前夜、いや臨戦体制!?

(写真は岩国市内の小学校で行われた避難訓練の模様。かつての悪夢を思い出

した=2017-6-24付「毎日新聞」から、一部加工を加えている

 

イーハトーブ通信|花巻市議会議員 増子義久

 「ミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難してください」

沖縄慰霊の日の23日、南の島が平和への祈りに包まれていたちょうどそ

の頃、岩国市内の小学校にけたたましいアナウンスの声が鳴り響いた。体操帽

をかぶったまま、机の下に身を隠す児童たち。先の大戦のかすかな記憶がふと、

よみがえった。空襲警報が出されるたびに分厚い防空頭巾をかぶって、机の下

身を固くした幼い姿を…。テレビはこの日終日、沖縄戦で犠牲になった人た

ちに手を合わせる光景を伝えていた。その一方で行われた避難訓練の様子を思

い浮かべながら、私は「戦争」と「平和」のこの逆転劇に何かゾッとするよう

な戦慄を覚えた。

※全文は下のアドレスを開いて見て下さい。

http://samidare.jp/masuko/sp/note?p=log&lid=436870

 

 

「関東防空大演習を嗤ふ」[編集] ウィキペディアより転載

 

1933(昭和8年)8月11日、折から東京市を中心とした関東一帯で行わ

れた防空演習を批判して、悠々は社説「関東防空大演習を嗤ふ」を執筆する。同

文中で悠々は、敵機の空襲があったならば木造家屋の多い東京は焦土化する事、

被害規模は関東大震災に及ぶであろうこと、空襲は何度も繰り返されるであろう

こと、灯火管制は近代技術の前に意味がないばかりか、パニックを惹起し有害で

あること等、12年後の日本各都市の惨状をかなり正確に予言した上で、「だか

ら、敵機を関東の空に、帝都の空に迎へ撃つといふことは、我軍の敗北そのもの

である」「要するに、航空戦は...空撃したものの勝であり空撃されたものの負で

ある」と喝破した[22][23]。この言説は陸軍の怒りを買い、長野県の在郷軍人で構

成された信州郷軍同志会が信濃毎日新聞の不買運動を展開したため、悠々は同9

月に再び信濃毎日の退社を強いられた[24][25]

 

関東防空大演習を嗤う

桐生悠々

 

 防空演習は、曾て大阪に於ても、行われたことがあるけれども、一昨九日

から行われつつある関東防空大演習は、その名の如く、東京付近一帯に亘る

関東の空に於て行われ、これに参加した航空機の数も、非常に多く、実に大

規模のものであった。そしてこの演習は、AKを通して、全国に放送された

から、東京市民は固よりのこと、国民は挙げて、若しもこれが実戦であった

ならば、その損害の甚大にして、しかもその惨状の言語に絶したことを、予

想し、痛感したであろう。というよりも、こうした実戦が、将来決してあっ

てはならないこと、またあらしめてはならないことを痛感したであろう。と

同時に、私たちは、将来かかる実戦のあり得ないこと、従ってかかる架空的

なる演習を行っても、実際には、さほど役立たないだろうことを想像するも

のである。

※詳細は下のアドレスを開いて全文を読んで下さい。

http://www.aozora.gr.jp/cards/000535/files/4621_15669.html

※反骨のジャーナリスト桐生悠遊の似顔絵!最後まで一人で陸軍と戦った!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 09:15 | comments(2) | - |
Comment
政治家が対処療法に終始するようになったら、行政マンに見下されますね。
桐生悠々氏に対峙できるジャーナリストが現代にいないのは悲しい現実です。
| 2017/07/30 6:08 PM
そうだね。それでオレが悠遊や六鼓になり替わって告発しているのだよ。確信犯だよオレは。新型の窯焼きだからのォ〜・・・
深沢清 | 2017/07/31 1:58 PM









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment