<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< さざ波便り No405号 | Main | 今村雅弘の暴言! >>
明治〜昭和の賢人達!

※月刊文春4月号!

月刊文春

※明治期から昭和にかけ日本創造に、大活躍した賢人たちです。見事な功績!

 

※明治〜昭和の賢人達!

 

※月刊文春4月号を紹介して下さったのは、大村市の船橋さんです。彼が言う4

月号の文春に、大村藩の石井筆子が載っているから必ず見てくれと!そして大村

藩士が活躍したころの学びをしているから、出ておいでと言う。それで早速文春

を買い求めて読んで見たら、日本国を創った人々が沢山載っています。最初のペ

ージに日露戦争で大活躍した、秋山好古が載っています。そして同じ軍人で、今

村均大将も載っています。この本で紹介されている人々は日本国の為に全力で、

動いていますし福祉的精神を内在されています。もちろん大村藩の石井筆子もセ

レブ生活と決別し、児童の福祉学校を主人とともに作り経営しています。お見事

で有ります。そして今村均大将は自ら進んで、部下が幽閉されている現インドネ

シアに行き再び服役生活をしています。この今村さんの家は現在、世田谷区にあ

ります。そこを一度私は、訪問しています。この雑誌に紹介されていませんが、

硫黄島で戦死した栗林中将の生家を長野県に、尋ねたことがあります。その時、

甥御さんが栗林中将の手紙や遺品を見せて下さいました。それ私は人間的人間に

生きた人を捜し求めて、現在も歩いています。生家を訪ねてもその人たちの謦咳

に触れることはありませんが、その人々の生き方を学ぶ事が出来ます。4月号月

刊文春は、よか本です。読んで見て下さい。ご案内まで!ヨロチク。

 

※玄界灘の二丈海岸!

二丈海岸

※黒い影は人か?ペンギンか?カラスか?写真では分かりにくいね。それ座っ

ているのは人であります。4月2日午後2時ごろです。遠方の島は姫島です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 06:20 | comments(0) | - |
Comment









 

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment