<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
地域再生ゴッコ!No3

※裏の堤!

堤

※350年前から農業用水のため池です。現在は町水にも使う。

 

※地域再生ゴッコ!No3

 

※21世紀の日本農業を産業の概念で捉えると、永久に国の補助金が要ります。

近代工業を確立しながら、産業の概念を作りました。それまでヨーロッパは奴

制度で、農業を維持してきました。近代に入ってヨーロッパ&北欧は海洋民族で

すから、大型船を造って世界中を走り回りました。それで大海原を船で航海する

には、自分の位置を知る必要があります。それにはどうしても天文学が必要とな

り、海図や羅針盤が絶対必需品であります。それが出来ると、世界中を荒らしま

わりました。それはスカンジナビヤ半島の人々と、大英帝国のバイキングであり

ます。そこから鉄を加工する技術が出来てきまして、蒸気機関が発明され工業が

発達しました。それで機械力と鉄砲をもって、ヨーロッパ民族は世界中を荒らし

回り黄金を獲得しました。その頃日本は鎖国をしていて、工業化が200年も遅

れました。しかし、農業の治水は見事に日本型の堰や堤を発案し、その恩恵を現

代の我々も受けています。300前に造った堰や堤が現代にあっても、維持費が

要らず田んぼに水を供給しています。それ農業は自然の恵みを受けて、永遠に生

き続けていきます。自然相手の農業で金儲けは出来ないが、人間が生きて行くに

はどうしても農業は必要であります。

 

※国の現代農業政策は、農業を産業の視点で捉えています。農業はどんなに知恵

を絞っても永遠に、産業に成りえないのです。それを無理して産業化する為に、

大型農地を造りだし集約化をいま進めています。これは20〜30年後、必ず破

たんします。農業の米作が産業に成りえない最大の要因は、コメは年に一度しか

出来ない代物だからです。野菜の特殊品は施設ハウス栽培などの方法で、産業に

できる一部の野菜や果物があります。果実にしても年一回の収穫だから、産業の

視点でヤルと行き止まりを見ます。個人が勝手に全力でやればやれない事はない

ですが、基本的に農産物は産業化出来ない。工業製品は一秒に一個とかが全天候

型で、昼夜を問わずできます。農業はそれが出来ない。だから農業は基本的に、

産業化できない宗を知ることです。

 

※このような矛盾を解きほぐさないで地域活性化をやり、お国が地方創生をやれ

と言っても出来ない。出来ないからお国が地域再生のコンサルタントを地方に送

り込んで、田ご作カッペを誑かしながらヒマつぶしをやり続けています。お国は

決めたことを永遠にヤルと言うのが、基本になっています。あの太平洋戦争を顧

みれば、一目瞭然であります。それ太平洋戦争は昭和17年のミッドウエイ海戦

で負けて、ガダルカナル島の戦で陸軍が大負けしたとき日本の現地将官は、兵站

が続かない為に敗戦と思っていました。それでもアメリカは日本を永遠に占領続

る為に、そこで戦をやめることはしないと思っていました。その前に日本の陸

参謀本部は国民にウソをついてまで、戦を3年間も続けました。それは政府が

日米戦をヤルと決めたから、戦をやめれない。これと同じことが、今回の地方

生であります。一度政府が地方を活性化するために方針を決めたなら、セコイ補

助金をやりながらでも地方創生を続けます。茲に、コンサルと田ご作と農林省&

国交省の地域再生ゴッコが、止められない。本格的に地方創生をやるなら、政府

の方針として大型にやれと言うことです。今なら日本が農業を手段として、本格

的に取り組めば日本の再生はできます。

 

※いで堰!NO

昔のいで堰

※田んぼに水を引く為に、お金がかからないようにしています。

農耕民族日本人の永遠のチエです。お見事なり!

 

※いで堰!No

昔のいで積

※両側の護岸は現代のコンクリートブロックで施行しています。

取水の為のいで堰は、一切お金がかかりません。日本人の知恵!

 

※現代のいで堰!

※この方式は農林省か国交省による、浅はかな知恵であります。

東京霞が関で農業を考えると米作にお金がかかるようにします。

堰の硬質ゴムは中に空気を入れます。その空気を入れるのに電気

が要ります。更に、この硬質ゴムを2〜30年に一度取り換えで

す。この取り換え代に2〜3000万円要るそうです。国はバカ

事を考えるのが仕事で、霞が関のボンクラ頭の東大卒らです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 06:15 | comments(2) | - |
地域再生ゴッコ!No2

※もう秋!

秋風

※昼間は35℃をこの夏続けています。長崎は雨なしだからね!

裏の畑にカラスが朝から来まして、アッホーと叫びました。

 

※地域再生ゴッコ!No2

 

※政府は地域再生をヤル為に地方創生と銘打って、その担当大臣を置き地方の再

生を図ろうとしています。中々よかことですがこれは、いつまで経っても進みま

せん。それはアベ総理がその大事な「事」に気づかず、先を見通せないでいるか

らです。更に自民党代議士と官僚らの思考がそこまで、及ばないのです。アベ総

は自民党議員で、そのトップだから責任重大です。これは明治以来の日本の産

業体制の在り方が今、問われて来たのです。日本は明治の初めから、業の産業

振興だけを促進して参りました。その時はそれが大正解でありましても、明

ら150年も時間が経過すれば、国を経営する基盤が変化します。元々、日

工業でお国を支える基盤でなかった。江戸時代の日本はコメが基本で、それ

本を支える基盤でした。その時代にそれは、大正解でありました。何故か言う

と農業で、3500万人の食料を作り出し得たからです。明治になり人口増

仕事作りで、その余剰人員を工業へ向けたことです。それ国民に仕事を与えて、

一家が何とか暮らせるようにしました。その後、あまりにも工業が行き過ぎて、

戦争へ走りだしました。そして昭和20年8月アメリカに惨敗し、戦争が漸く已

みました。敗戦後は戦後復興で全国民が頑張り、日本は世界で冠たる工業立国

なし得ました。その高度成長の好景気を日本だけ、長く享受できるほど世界の

々は甘くなくて許さなくなりました。

 

※これからの日本は工業産業だけで、1億2千5百万の人々が生活できなくなり

ます。それでお国は地方創生を歌っていますが、それは今いち&いま2も上手く

かない。それ工業産業を主体にして、日本を何とか甦らそうとしているからで

す。これは誰が首相をやっても、同じことです。茲で江戸から明治になったよう

に、ダイナミックな産業構造の変革が要ります。それは工業立国から、農業を手

段とした地方再生であります。この概念を創り出し政府が主導権をとり、地方を

生かす地場産業を作り出すのです。これまでの工業は後進国に任せて、農業振興

の仕組みをよくよく創ってもっと意図的にやるのです。そうすると現在の自民党

も民進党も企業から、献金を頂くことが出来難くなります。それでいいのです。

それは自民党総裁による、私物政権が出来難いからです。現在のままアベのやり

たい放題の政治運営が続くと、日本は金融崩壊を起こし国民が塗炭の苦しみを味

あうことになります。ハイパーインフレを企む、クロダ日銀は大失敗です。

 

※現在の産業体制を維持したまま地方創生をヤリ続ければ、カッペとアドバイザ

ー&コンサルとの地域再生ゴッコが永遠に続きます。それで生きられると思うの

は先細りの工業振興体制に、おんぶにだっこであります。それは、長く続きませ

ん。それ政府の補助金による地域再生ゴッコでなく、本格的な農業・林業・漁業

を手段にした、生き方の開発がこれからの地方創生です。その為にはこれまで工

業振興に費やした、人的資源と国創りの本格的予算が要ります。明治18年から

前田正名が、それを全力で政府に訴えていました。あれから130年経過した今

日、前田正名と石川理紀之助が井戸を掘りだしたのを受け継いで、彼らのやり残

した仕事をより早くやり、日本の再生に本格的取り組むことです。アベ総理には

出来ないので、次の総理がそれをやればよい。バンザーイ!

 

※ゴーヤ!

萎れたゴーヤのくき

※軒下の外に植えたゴーヤの葉が枯れ始めた。出来は20個位?

 

※福岡美人!

彼女

※地域再生を主たる仕事に、荒稼ぎしてない美穂ちゃんが来た!

この女性は本質をとらえ、先を見通す能力があります。お見事!

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 06:40 | comments(2) | - |
地域再生ゴッコ!

※夜明け前!

夜明け前

※8月24日、午前5時50分ごろの波佐見町井石地区です。

 

※新型カフェ??

田舎のカフェ

※波佐見町くらわん館近くにあるカフェです。面白かよ〜??

 

※地域再生ゴッコ!No1

 

※最近つらつら思うに地域再生とは一体何だろうと、ボンヤリ思ったり考えたり

しています。それでワッチの地域再生は、カッペの活性化であります。戦後は地

域活性化など広報しなくても、皆が生きるために全力で働きました。現在は田舎

人が高齢になったのと、地場産業が縮小して田舎に仕事が無くなってしまいまし

た。それで農林省と国交省が競い合って、ツーリズム運動を12〜24年前から

ら提唱し、田舎を活性化しようとしています。それでも衰退するところは人口減

で、歯止めがどうしてもかからない。何とかして人口減をさせず頑張っている町

は、もう数えるくらいしかない。段々と疲弊する田舎へ地域再生のアドバイザ

ーを入れて、何とかしようと試みています。それでも田舎に人がいなくなり、村

の主体的自治(冠婚葬祭と共同体の協力)が出来なくなりました。

 

※農林省は平成4年、これから農村が疲弊し日本が可笑しくなるからツーリズ

運動を提唱し、何とか田舎の活性化を図ろうとしました。それは農林省発で官

ツーリズム運動を起こし、地方の活性化を目指しました。その頃、日本はバブル

はじける前後でツーリズムとは、何だと思っていました。それから12年後、

田舎でツーリズム運動があちこち広がり始めました。波佐見町のツーリズム運動

も、その頃に立ち上がりました。それから12年後の現在、日本全国過疎化が進

み運動をやれない所も出てきました。国が僅かの補助金を出すから田舎の百姓ド

ンらが、農地水等の補助金を頂き河川敷の草刈りをする様になりました。どこの

田舎も100万円〜1000万円の補助金を受けて、何かゴソゴソしています。

しかし一向に産業として、立ち上がる気配がない。これは一体何故かと、考える

とお国は地域再生や地方振興をやる概念を作り出しえない。工業の産業振興は明

治以来150年間、政府が主となり継続しています。それで持続可能なアナウン

ス等必要なく、産業振興はできています。日本も明治以来150年経過しました

から、これからは地方振興が要る時代となりました。それは明治18年、時の農

商務省次官前田正名が政府に農業振興をヤレと、全力で申し上げています。その

時の内閣は、それを意図的にしませんでした。

 

※政府は、もうソロソロ農業を手段とした地方振興をやらないと、日本の国力が

段々と疲弊してまいります。現在の地域再生の運動に僅かの補助金を出し、セコ

セコしている活動は地域再生ゴッコでしかない。田ご作は農林省や国土交通省か

ら補助金を引き出し、自らそれなりに啓発していると思いでしょうね。それはい

つの間にか、地域再生ゴッコに成り下がっています。問題は地域再生とは何かの

思考を深めていけば、地域再生は人間性回復に行きつくのです。人間が元気に生

きれば相当収入が少なくなっても、元気に生きられます。それで田舎の地域再生

は、人間性再回復の運動であります。それでお国は、本格的に地方振興をやるこ

とです。これまでの国策産業振興費を、グーンと減らします。そしたら日本国の

人口が5000万人なっても、元気な日本人がそこに存在します。

 

※お宮で焼肉大会!

焼肉大会

※会費¥500でビール飲み放題だけど、肉が少しく不足した。

このイベントが村の結束である結いに、繋がってまいります。

 

※藁葺屋根!

藁葺やね

※佐賀県多久市の孔子廟公園内にあります。李三平のお家です。

 

※巣箱!

ハチの巣箱

※篤農家林田さんちの裏山に、ハチの巣箱を据えています。

茲に進君もおかせてくれと言う。オレいやだと言ってないよ。

 

※満月?

お月様

※日本国の地域再生は、大体お月さまくらいの予算規模です?

これでは全くその意味が不明です。ドガンかなるかもよ???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 07:00 | comments(0) | - |
アベはぼけモンか??

※吉村家!

多久市吉村家

※多久市にある江戸時代の農家です。250年位前かと思う?

 

 

※アベは五輪を政治利用!

 

※オリンピックを政治利用したらいけないと、オリンピック憲章に記してありま

す。アベは平気で五輪を、政治利用しました。それリオの五輪閉会式で渋谷から

ラえもんを連れて行ったとかです。可笑しなパフォーマンスをしたものです。

これを仕掛けたのが、元総理の森でございます。森は2020年のオリンピック

資金をアベから盗りだすために今回、アベにゴマをスリスリであります。後輩の

総理に元総理がゴマを平気でするようでは、日本国も崩壊へ向けて驀進中です。

それを取り上げたアドレスを、下にUPします。開いてみて下さい。

○=http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160822-00000126-spnannex-spo

これを誰が発案したか記者からの問いに、武藤事務総長は森会長と言いました。

それで武藤の答弁は舌をかむような、おべんちゃら敬語を使っています。茲まで

おべんちゃらを使うようでは、日本スポーツ運営のどこかに故障をきたします。

それ最初に、オリンピック費用を約¥7000億円余で出来ると言いながら森が

会長になって、2兆円〜3兆円に跳ね上がっています。このアナウンスは小池

事に宛てたメッセージです。小池知事が本当に、予算を切るかもしれないと

れからです。森は最後の銭儲けのアガキだから、何でもヤルと豪語しました??

こんな奴輩を上に頂いたオリンピック事業の開催は、トンデモナイ金食い虫とな

ります。アベが森を採用したから、どうしようも出来ない。田ご作は上を向いて

夢をみるか?日本国はこの程度の政治だから、世界の民から笑われます。

 

※アベと森と電通はどこまで行っても、仲良しこよしであります。正にこのお笑

い3人組で、日本を歪めてしまいます。その歪めたところで、大きなお金が動い

ています。私共田ご作メはその流れが分かっていても、どうしようもできない所

に日本の可笑しな民主主義があるのです。※話は飛びまして、資本主義の原理は

間の欲望を刺激するところに基点がありますから、規則を作ってストップをか

けます。法律をまげて、抜け道を作り出します。故に、この資本主義の自由体制

はどこかで行き止まりを見せます。それがいつなのか誰にも分からない。田ご作

はボンビー生活を余儀なくされて、ブツブツ云々して生きるのです。

         ※8/23付西日本新聞!

新聞8/23

新聞8/23

※アベは相当な資産を貯めることに大成功します。何の為に??

 

※下井石地区!

井石地区

※8月21日波佐見町井石郷!今年の夏も暑いけど秋風が吹く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃の事 | 06:20 | comments(0) | - |
日中国交回復!

※コメの花!

コメの花

※コメの花は咲いてから、1日〜2日で散ってしまいます。それ

は美味しいコメになる為に、小さく白い花でエネルギーを消耗し

ないようにしています。故にお米は世界一美味しいのです。

 

 

※日中国交回復!

 

※田中角栄の偉大さは言うまでなく、それらを皆さまはご存知の方ばかりです。

彼の凄さは東大卒に、絶対やれない面白さをもっています。日中国交回復は東大

卒の代議士や官僚に絶対できないし、ましてや太平洋戦争で大もうけした岸信介

など、絶対できない。田中は日本国の高度成長を謀り、戦争をしない自信を持っ

ていました。そして戦争をしない世の中を創り出し、そこで大きなお金を回して

国民生活を、豊かにするとの思いがありました。方や岸信介は戦争を長引かせ、

金儲けを企みました。その思想は長州藩全体に、こびりついています。その筆頭

が岸信介であり、孫のアベシンゾウであります。これは長州閥の因習とDNAで

すから、どうにも出来ない。それは兎も角、角栄さんが日本列島改造論をぶち上

げて、日本の隅々まで一級国道と2級国道を整備しています。しかし、国土開発

限界があります。更に明治からの産業振興も、限界がありました。人間が何か

を起こし、いま世の中を銭でグルグル回すのは限界に来ています。こんな時、

田中角栄さんがいたらどのような政策を、作り出すのでしょうね。

 

※角栄さんの最大の功績は、「日中国交回復」であります。これは、歴史的金字

塔であります。現在のアベは、それを破壊しようとする第一人者であります。先

ずアベは国際的に、全く信用されてないヤツでございます。故に、角栄さんが築

いた、日中友好を壊す要素をアベはもっています。現在、不衛生で可笑しな中国

でありますが江戸時代まで、日本は神様と拝んでいた清国です。それが徳川を倒

した明治政府(長州閥)が中国を侵略し、大東亜戦争まで起こしました。これを

嘆いてもドガンもできないが、長州の奴輩は日本国を崩壊させるDNAをもって

います。角栄待望論でないけど、角栄さんのような先見性と勘を持った人が待た

れるところです。ヒマつぶしに遊びました。ナム〜・・・

 

※角栄さんは手段として、列島改造を行い日本国を再興させました。正しくアベ

がよく言う全国津々浦々まで、彼の政策で国民は潤いました。しかし今アベが言

っている全国津々浦々とは、天と地の差があります。角栄さんは一度も全国津

浦々までとは一切言わず、全国民がその恩恵を受けました。アベは同じことを

々しながら、津々浦々の人々が益々ボンビーの進行中です。そして角栄さんは政

家として、日中国交回復を実現しました。アベのように秘密保護法やNHKを

コントロールすること等、一切しませんでした。リオで赤いボールをもって踊る

姿は、次の総理をオレがやるとのパフォーマンスです。アベに騙されるな!

 

          ※8/21付西日本新聞!

新聞8/21

※角栄と敵対した石原慎太郎が「天才」という本を出している。

今頃、石原は可笑しくなったのではないか???

 

※美しい田んぼ!

田んぼ

※10月初めに美味しい新米が出来ます。これが又、旨いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Check
日頃の事 | 06:55 | comments(2) | - |

Profile

みんなのブログポータル JUGEM
Log in

Entry

Comment